二級ボイラー技士 資格・試験ガイド お申込み受付中!

ボイラー技士とは

ボイラー技士とは

ボイラーは、水を熱してお湯や蒸気をつくる機械であり、施設の規模や機器の種類によって様々なボイラーが存在します。例えば、工場や業務用施設など大規模な施設において利用されるボイラーがあれば、家庭用の石油給湯器や暖房端末用の熱源機のこともボイラーと呼ばれる場合もあります。
ボイラー技士は、これらの規模に応じたボイラーを運用や管理、保守点検を行います。
規模に応じてボイラー技士免許が定められており、業務を行うにはボイラー取扱作業主任者を選任することが必要であり、重要な役割を担っています。

ボイラー技士の設置義務

ボイラーを取り扱う際には、規模に応じて労働安全衛生法に定められたボイラー技士免許を受けた者が業務を行います。詳細は以下の通りとなります。各種のボイラー技士が取り扱うボイラーは、小規模・小型ボイラーは対象外となります。

特級ボイラー技士


伝熱面積の合計が500㎡以上のボイラーを取り扱う作業
(貫流ボイラーのみを取り扱う場合を除く。)
主に、大規模な工場等のボイラーを取り扱う役割を担います。

一級ボイラー技士


伝熱面積の合計が25㎡以上500㎡未満のボイラーを取り扱う作業
(貫流ボイラーのみを取り扱う場合において、その伝熱面積の合計が500㎡以上のときを含む。)
主に、大規模な工場や事務所・病院などのボイラーを取り扱う役割を担います。

二級ボイラー技士


伝熱面積の合計が25㎡未満のボイラーを取り扱う作業
主に、一般に設置されている製造設備あるいは暖冷房、給湯用のボイラーを取り扱う役割を担います。

試験スケジュール

二級ボイラー技士

試験日程について 例年、二級ボイラー技士の試験は、都道府県ごとに、4月~翌年3月の期間に月に1~2回実施されています。 二級ボイラー技士の
講座案内
受験対策講座

>選べる受講スタイル

映像通信講座 Webコース / DVDコース

二級ボイラー技士の講座一覧

※受験申請につきましては、試験団体ウェブサイトの手順に従い、所定の期日までに行って下さい。

受験資格

二級ボイラー技士は、受験資格は不要です。ただし、本人確認証明書の添付が必要です。
・本人確認証明書につきましてはこちらをご確認ください

受験願書
願書は常時、公益財団法人安全衛生技術試験協会、各センターまたは、免許試験受験申請書取扱機関にて郵送にて取り寄せが可能。

願書提出期間
受験希望日の2か月前~14日前

試験情報

出題内容

二級ボイラー技士免許試験は、全40問・五肢択一(マークシート方式)による筆記試験です。試験科目・出題数・試験時間・合格基準は、下表のとおりです。

試験科目 出題数 試験時間 合格基準
ボイラーの構造に関する知識 10問 3時間 各科目40%以上で、かつ、全科目の合計が60%以上
ボイラーの取扱いに関する知識 10問
燃料及び燃焼に関する知識 10問
関係法令 10問

受験手数料

6,800円(非課税)

試験地、試験日

全国7地域のセンターで月に1回程度、実施

合格発表

試験日の約1週間後

合格率(全国平均)

二級ボイラー技士の合格率
※試験実施機関から公表された全国受験者の平均合格率

横にスワイプで左右にスライドできます。

表全体を表示
実施年度 受験者数 合格者数 合格率
令和2年度 16,098人 9,400人 58.4%
令和元年度 25,192人 12,803人 50.8%
平成30年度 25,601人 14,297人 55.8%
平成29年度 27,393人 15,609人 57.0%
平成28年度 27,211人 15,919人 58.5%

二級ボイラー技士についてのおすすめコラム