ビル管理士1級・2級

CIC日本建設情報センタービル管理士(建築物環境衛生管理技術者)受験準備講習会

講座の特徴

CIC日本建設情報センターのビル管理士受験準備講習会は「通学」と「通信」でお好みの学習方法をお選びいただけます。

ビル管理士・通学講座

3日間の短期通学型

一気に集中して学習したい!なるべくポイントを絞りたい方にオススメ

こんな方にオススメです
  • 自分ではなかなか学習の管理ができない
  • 日々忙しく、学習の時間が確保できない
  • その場で講師に質問したい

ビル管理士・通信講座

通学講座と同プログラムのDVD講座

何度も繰り返し見たい!コツコツ自宅で少しずつ学習したい方にオススメ

こんな方にオススメです
  • 何度も繰り返し見て確認したい
  • 自分のペースで学習を進めたい
  • 交通費や宿泊費等の費用を抑えたい

平成30年度(2018年) ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者) 試験日程

願書交付開始(※) 平成30年 5/7(月)
願書受付期間(※) 平成30年 5/7(月)~6/15(金)
講習会場
(東京・大阪・DVD)
08/18(土)・08/25(土)・08/26(日) お急ぎ下さい! 東京(3日間)
08/25(土)・08/26(日)・09/01(土) お急ぎ下さい! 大阪(3日間)
受講受付中 DVD通信講座
試験日 平成30年 10/7(日)
合格発表 平成30年 10/29(月)

※受験申請につきましては、試験本部ウェブサイトよりご自身にて願書をダウンロード後、所定の期日までにご提出下さい。
(当センターの講習会をお申込み及び受講予定の方で申請方法がご不明な方はお気軽にお問い合わせ下さい)

講習案内(受講料には教材費および当日配布受験対策資料代を含みます)

受講申込お急ぎ下さい!ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)東京(3日間) (全18時間)

日程科目講習時間講習会場受講料(税込)
08月18日(土) 建築物衛生行政概論 / 空気環境の調整

各日10:00~17:00

飯田橋レインボービル
会場詳細地図
48,000円
08月25日(土) 建築物の環境衛生・給水及び排水の管理
08月26日(日) 建築物の構造概論 / 清掃 / ねずみ・昆虫等の防除

講座受講お申込み

受講申込お急ぎ下さい!ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)大阪(3日間) (全18時間)

日程科目講習時間講習会場受講料(税込)
08月25日(土) 建築物の環境衛生・給水及び排水の管理

各日10:00~17:00

大阪府社会福祉会館
会場詳細地図
48,000円
08月26日(日) 建築物衛生行政概論 / 空気環境の調整
09月01日(土) 建築物の構造概論 / 清掃 / ねずみ・昆虫等の防除

講座受講お申込み

ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)DVD通信講座 (全7枚組)

収録ディスク収録プログラム収録時間受講料(税込)
DVD7枚組 詳細はビル管理士DVD講座ページでご覧ください 全13時間 47,000円

講座受講お申込み

使用教材(費用は全て受講料に含まれます)

※講習会お申込みの方は、教材A・Bをお送り致しますので、事前に受験準備対策が出来ます。

  • A.ビル管理試験 完全攻略(改訂3版)
  • B.ビル管理試験 完全解答(2018年版)
  • C.受験対策資料(受験テクニック集)
      模擬試験(在宅式)〔平成30年試験対応〕
      ※当日配布教材・平成30年受講者限定(非売品)

※講習会受講申込者・限定特典
ビル管理士講習会の受講者には
本番前の予行演習として
模擬試験を無料でご提供します。
模擬試験に関する詳細はこちらから

受講料(上記使用教材・当日配布受験対策資料代及び税込み)

  • ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)東京(3日間):48,000円 お急ぎ下さい!
  • ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)大阪(3日間):48,000円 お急ぎ下さい!
  • ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)DVD通信講座:47,000円 受講受付中

ビル管理士(建築物環境衛生管理技術者)・試験情報

ビル管理士という資格について

「ビル管理士」「ビル管理技術者」この2つはどちらも「建築物環境衛生管理技術者」という資格を指しており、通称「ビル管」と呼ばれます。
ビル管理士は面積が3,000平方メートル以上(学校施設の場合は8,000平方メートル以上)の施設に必ず設置が必要な資格です。
近年、都市圏ではオリンピック開催に伴う競技施設や海外旅行客の招致による宿泊施設、また地方圏でも大型ショッピングモールの多数出店や企業の成長によるオフィスの拡大等を背景に大規模建物は増加の一途を辿っています。

ビル管理士になるための受験資格

ビル管理士を受験するためには、下記1~3を満たしている必要があります

1:以下の業務に携わった実務経験
  • 空気調和設備管理 ※
  • 給水、給湯設備管理(貯水槽の維持管理を含む) ※
  • 排水設備管理(浄化槽の維持管理を含む) ※
  • ボイラ設備管理 ※
  • 電気設備管理(変電、配電等のみの業務を除く) ※
  • 清掃及び廃棄物処理
  • ねずみ、昆虫等の防除

※ ビル管理士資格における「設備管理」とは、設備についての運転、保守、環境測定及び評価等を行う業務をいい修理専業、アフターサービスとしての巡回サービス等は該当しません。

2:以下の使用用途で供される建築物に関わった業務経験
  1. 興行場(映画館、劇場等)、百貨店、集会場(公民館、結婚式場、市民ホール等)、図書館、博物館、美術館、遊技場(ボーリング場等) 店舗、事務所
  2. 学校(研修所を含む)
  3. 旅館、ホテル
  4. その他⒈~⒋までの用途に類似したもの(例:共同住宅・保養所・寄宿舎・保育所・老人ホーム・病院等)
3:1及び2に関する2年以上の実務経験

ビル管理士は、上記1~3を全て満たすことで受験が可能となります。
欠けている項目がある場合、全てを満たすまでは受験ができませんので、注意しましょう。

ビル管理士・試験情報

受験願書の入手方法は?

ビル管理士の受験願書は、試験実施団体のウェブサイトまたは同団体に返信用封筒の送付と共に請求する方法があります。
書店や販売窓口での購入はできませんので注意しましょう。

手順としては、上記のリンクより公益財団法人日本建築衛生管理教育センターをご覧いただき、受験願書(受験申請書類)をダウンロード後、提出します。
平成30年度試験の受験願書提出期間は5/7(月)~6/15(金)です。この期間内に必ず提出して下さい。

受験申請に必要な書類は?

ビル管理士の受験願書を提出する際には、例年、願書の他に下記の書類が必要です。

  • 実務従事証明書または再受験の方は有効期間内の受験票
  • 受験写真用台紙
  • 受験手数料の振替払込請求書兼受領証

以上の書類を、受験願書に添付されている所定の封筒を使用し簡易書留で郵送します。
郵送の際は当日消印有効となりますが、期日までに送付ができなかった場合は如何なる理由であってもその年の受験はできませんのでご注意下さい。

受験科目

  • 【試験時間】午前180分・午後180分
  • 【解答形式】五肢択一(全問マークシート)
  • 【出題数】180問(全問解答)
  • 【配点】各1点(180点満点)
科目
午前 建築物衛生行政概論
建築物の環境衛生
空気環境の調整
午後 建築物の構造概論
給水及び排水の管理
清掃
ねずみ、昆虫等の防除

合格基準点(平成29年度の例)

ビル管理士試験が難関と言われる理由の1つに、「科目ごとの合格最低基準点」いわゆる「足切り」が存在していることが挙げられます。平成29年度の試験を例にとってみます。

配点(平成29年度の場合)

1問1点の必須科目が計180点

合格基準(平成29年度の場合)

各科目の得点が、それぞれ下表に示す合格最低基準点(科目別配点のそれぞれ40%)以上であること。かつ、全体の正解率が65%以上であること。総合計が65%以上得点できていても、正解率40%未満の科目があれば不合格となります。

科目 出題数 合格最低基準点
建築物衛生行政概論 20 8
建築物の環境衛生 25 10
空気環境の調整 45 18
建築物の構造概論 15 6
給水及び排水の管理 35 14
清掃 25 10
ねずみ、昆虫等の防除 15 6
全科目合計 180 117(65%)以上

受験地

ビル管理士試験は、下記に示す地域別の6地域で行われます。

札幌市 / 仙台市 / 東京都 / 名古屋市 / 大阪市 / 福岡市

受験願書を申請する際、希望の受験地を選びます。詳しい試験会場は届いた受検票で確認いただけます。

受験料

13,900円(非課税)

合格率

ビル管理士の合格率

過去、直近8年の合格率は下記表のとおり推移しています。

試験実施年度 平成22年度 平成23年度 平成24年度 平成25年度 平成26年度 平成27年度 平成28年度 平成29年度
受験者数 10,194 10,241 10,599 9,441 10,095 9,827 10,394 10,209
合格者数 1,700 1,367 3,467 1,000 2,335 1,861 2,956 1,387
合格率 16.7% 13.3% 32.7% 10.6% 23.1% 18.9% 28.4% 13.6%

平成30年度現在、昨年度の合格率は13.6%と10%台前半でした。この数字は、昨年受験された方でビル管理士を取得された方が10人中約1人しかいなかった計算となります。

ビル管理士 全国合格率の推移

スマートフォン表示はこちら

ページの先頭へ