給水装置工事主任技術者

CIC日本建設情報センター給水装置工事主任技術者受験準備講習会

講座の特徴

CIC日本建設情報センターの給水装置工事主任技術者受験準備講習会は「通学」と「通信」でお好みの学習方法をお選びいただけます。

給水装置工事主任技術者・通学講座

2日間の短期通学型

一気に集中して学習したい!なるべくポイントを絞りたい方にオススメ

こんな方にオススメです
  • 自分ではなかなか学習の管理ができない
  • 日々忙しく、学習の時間が確保できない
  • その場で講師に質問したい

給水装置工事主任技術者・通信講座

通学講座と同プログラムのDVD講座

何度も繰り返し見たい!コツコツ自宅で少しずつ学習したい方にオススメ

こんな方にオススメです
  • 何度も繰り返し見て確認したい
  • 自分のペースで学習を進めたい
  • 交通費や宿泊費等の費用を抑えたい

平成30年度(2018年) 給水装置工事主任技術者 試験日程と受験資格

願書交付開始(※) 平成30年 5月21日(月)
願書受付期間(※) 平成30年 5月21日(月)~6月29日(金)
講習会場
(東京・横浜・大阪・名古屋・仙台・新潟・広島・福岡)
09/13(木)・09/14(金) 受講受付中 東京(2日間)【1】
09/22(土)・09/23(日) 受講受付中 東京(2日間)【2】
09/06(木)・09/07(金) 受講受付中 横浜(2日間)
08/23(木)・08/24(金) 受講受付中 大阪(2日間)【1】
09/16(日)・09/17(月・祝) 受講受付中 大阪(2日間)【2】
09/16(日)・09/17(月・祝) 受講受付中 名古屋(2日間)
08/25(土)・08/26(日) 受講受付中 仙台(2日間)
09/01(土)・09/02(日) 受講受付中 新潟(2日間)
08/28(火)・08/29(水) 受講受付中 広島(2日間)
08/18(土)・08/19(日) 受講受付中 福岡(2日間)
受講受付中 DVD通信講座
試験日 平成30年 10月28日(日)
合格発表 平成30年 11月30日(金)

・平成29年度試験の解答をご希望される方は、解答試案請求フォームよりご請求下さい。

講習案内(受講料には教材費および当日配布受験対策資料代を含みます)

受講受付中給水装置工事主任技術者 講習会 東京(2日間)【1】(全12時間)

模擬試験付(在宅型)

日程科目講習時間講習会場受講料(税込)
09月13日(木) 公衆衛生概論 / 水道行政 / 給水装置工事法 / 給水装置の構造及び性能

各日10:00~17:00

家の光会館コンベンションホール
会場詳細地図
38,000円
09月14日(金) 給水装置計画論 / 給水装置工事事務論 / 給水装置の概要 / 給水装置施工管理法

※今年度出題が予想される重要ポイントと過去の出題分析に基づく最重要項目について、合格対策のみに的を絞った講義と関連する過去問題の解説により「合格力」が身につきます。
また、学科模擬試験(在宅型)により、得点アップに直結する合格に必要な知識の総チェックと弱点強化ができます。

講座受講お申込み

受講受付中給水装置工事主任技術者 講習会 東京(2日間)【2】 (全12時間)

模擬試験付(在宅型)

日程科目講習時間講習会場受講料(税込)
09月22日(土) 公衆衛生概論 / 水道行政 / 給水装置工事法 / 給水装置の構造及び性能

各日10:00~17:00

飯田橋レインボービル
会場詳細地図
38,000円
09月23日(日) 給水装置計画論 / 給水装置工事事務論 / 給水装置の概要 / 給水装置施工管理法

※今年度出題が予想される重要ポイントと過去の出題分析に基づく最重要項目について、合格対策のみに的を絞った講義と関連する過去問題の解説により「合格力」が身につきます。
また、学科模擬試験(在宅型)により、得点アップに直結する合格に必要な知識の総チェックと弱点強化ができます。

講座受講お申込み

受講受付中給水装置工事主任技術者 講習会 横浜(2日間)(全12時間)

模擬試験付(在宅型)

日程科目講習時間講習会場受講料(税込)
09月06日(木) 公衆衛生概論 / 水道行政 / 給水装置工事法 / 給水装置の構造及び性能

各日10:00~17:00

神奈川産業振興センター
会場詳細地図
38,000円
09月07日(金) 給水装置計画論 / 給水装置工事事務論 / 給水装置の概要 / 給水装置施工管理法

※今年度出題が予想される重要ポイントと過去の出題分析に基づく最重要項目について、合格対策のみに的を絞った講義と関連する過去問題の解説により「合格力」が身につきます。
また、学科模擬試験(在宅型)により、得点アップに直結する合格に必要な知識の総チェックと弱点強化ができます。

講座受講お申込み

受講受付中給水装置工事主任技術者 講習会 大阪(2日間)【1】(全12時間)

模擬試験付(在宅型)

日程科目講習時間講習会場受講料(税込)
08月23日(木) 公衆衛生概論 / 水道行政 / 給水装置工事法 / 給水装置の構造及び性能

各日10:00~17:00

大阪府社会福祉会館
会場詳細地図
38,000円
08月24日(金) 給水装置計画論 / 給水装置工事事務論 / 給水装置の概要 / 給水装置施工管理法

※今年度出題が予想される重要ポイントと過去の出題分析に基づく最重要項目について、合格対策のみに的を絞った講義と関連する過去問題の解説により「合格力」が身につきます。
また、学科模擬試験(在宅型)により、得点アップに直結する合格に必要な知識の総チェックと弱点強化ができます。

講座受講お申込み

受講受付中給水装置工事主任技術者 講習会 大阪(2日間)【2】(全12時間)

模擬試験付(在宅型)

日程科目講習時間講習会場受講料(税込)
09月16日(日) 公衆衛生概論 / 水道行政 / 給水装置工事法 / 給水装置の構造及び性能

各日10:00~17:00

大阪府社会福祉会館
会場詳細地図
38,000円
09月17日(月・祝) 給水装置計画論 / 給水装置工事事務論 / 給水装置の概要 / 給水装置施工管理法

※今年度出題が予想される重要ポイントと過去の出題分析に基づく最重要項目について、合格対策のみに的を絞った講義と関連する過去問題の解説により「合格力」が身につきます。
また、学科模擬試験(在宅型)により、得点アップに直結する合格に必要な知識の総チェックと弱点強化ができます。

講座受講お申込み

受講受付中給水装置工事主任技術者 講習会 名古屋(2日間) (全12時間)

模擬試験付(在宅型)

日程科目講習時間講習会場受講料(税込)
09月16日(日) 公衆衛生概論 / 水道行政 / 給水装置工事法 / 給水装置の構造及び性能

各日10:00~17:00

フジコミュニティセンター
会場詳細地図
38,000円
09月17日(月・祝) 給水装置計画論 / 給水装置工事事務論 / 給水装置の概要 / 給水装置施工管理法

※今年度出題が予想される重要ポイントと過去の出題分析に基づく最重要項目について、合格対策のみに的を絞った講義と関連する過去問題の解説により「合格力」が身につきます。
また、学科模擬試験(在宅型)により、得点アップに直結する合格に必要な知識の総チェックと弱点強化ができます。

講座受講お申込み

受講受付中給水装置工事主任技術者 講習会 仙台(2日間) (全12時間)

模擬試験付(在宅型)

日程科目講習時間講習会場受講料(税込)
08月25日(土) 公衆衛生概論 / 水道行政 / 給水装置工事法 / 給水装置の構造及び性能

各日10:00~17:00

宮城自治労会館
会場詳細地図
38,000円
08月26日(日) 給水装置計画論 / 給水装置工事事務論 / 給水装置の概要 / 給水装置施工管理法

※今年度出題が予想される重要ポイントと過去の出題分析に基づく最重要項目について、合格対策のみに的を絞った講義と関連する過去問題の解説により「合格力」が身につきます。
また、学科模擬試験(在宅型)により、得点アップに直結する合格に必要な知識の総チェックと弱点強化ができます。

講座受講お申込み

受講受付中給水装置工事主任技術者 講習会 新潟(2日間) (全12時間)

模擬試験付(在宅型)

日程科目講習時間講習会場受講料(税込)
09月01日(土) 公衆衛生概論 / 水道行政 / 給水装置工事法 / 給水装置の構造及び性能

各日10:00~17:00

コープシティ花園ガレッソホール
会場詳細地図
38,000円
09月02日(日) 給水装置計画論 / 給水装置工事事務論 / 給水装置の概要 / 給水装置施工管理法

※今年度出題が予想される重要ポイントと過去の出題分析に基づく最重要項目について、合格対策のみに的を絞った講義と関連する過去問題の解説により「合格力」が身につきます。
また、学科模擬試験(在宅型)により、得点アップに直結する合格に必要な知識の総チェックと弱点強化ができます。

講座受講お申込み

受講受付中給水装置工事主任技術者 講習会 広島(2日間) (全12時間)

模擬試験付(在宅型)

日程科目講習時間講習会場受講料(税込)
08月28日(火) 公衆衛生概論 / 水道行政 / 給水装置工事法 / 給水装置の構造及び性能

各日10:00~17:00

RCC文化センター
会場詳細地図
38,000円
08月29日(水) 給水装置計画論 / 給水装置工事事務論 / 給水装置の概要 / 給水装置施工管理法

※今年度出題が予想される重要ポイントと過去の出題分析に基づく最重要項目について、合格対策のみに的を絞った講義と関連する過去問題の解説により「合格力」が身につきます。
また、学科模擬試験(在宅型)により、得点アップに直結する合格に必要な知識の総チェックと弱点強化ができます。

講座受講お申込み

受講受付中給水装置工事主任技術者 講習会 福岡(2日間) (全12時間)

模擬試験付(在宅型)

日程科目講習時間講習会場受講料(税込)
08月18日(土) 公衆衛生概論 / 水道行政 / 給水装置工事法 / 給水装置の構造及び性能

各日10:00~17:00

都久志会館
会場詳細地図
38,000円
08月19日(日) 給水装置計画論 / 給水装置工事事務論 / 給水装置の概要 / 給水装置施工管理法

※今年度出題が予想される重要ポイントと過去の出題分析に基づく最重要項目について、合格対策のみに的を絞った講義と関連する過去問題の解説により「合格力」が身につきます。
また、学科模擬試験(在宅型)により、得点アップに直結する合格に必要な知識の総チェックと弱点強化ができます。

講座受講お申込み

受講受付中給水装置工事主任技術者 DVD通信講座

模擬試験付(在宅型)

収録ディスク収録プログラム収録時間受講料(税込)
DVD5枚組 詳細は給水装置DVD講座ページでご覧ください

全12時間

36,000円

※今年度出題が予想される重要ポイントと過去の出題分析に基づく最重要項目について、合格対策のみに的を絞った講義と関連する過去問題の解説により「合格力」が身につきます。
また、学科模擬試験(在宅型)により、得点アップに直結する合格に必要な知識の総チェックと弱点強化ができます。

講座受講お申込み

使用教材(費用は全て受講料に含まれます)

※講習会お申込みの方は、教材A・Bをお送り致しますので、事前に受験準備対策が出来ます。

  • A.給水装置工事主任技術者受験要点テキスト
      (平成30年度版)
  • B.給水装置工事 出題順問題集(平成30年度版)
  • C.受験対策資料(受験テクニック集)
       学科模擬試験(在宅式)〔平成30年試験対応〕
       ※当日配布教材・平成30年受講者限定(非売品)
  • D.給水装置計画論 計算問題解答・解説冊子
       ※当日配布教材・平成30年受講者限定(非売品)

※講習会受講申込者・限定特典
学科講習会の受講者には本番前の予行演習として
学科模擬試験を無料でご提供します。
模擬試験に関する詳細はこちらから

受講料(上記使用教材・当日配布受験対策資料代及び税込み)

  • 給水装置工事主任技術者 講習会 東京(2日間)【1】  38,000円受講受付中
  • 給水装置工事主任技術者 講習会 東京(2日間)【2】  38,000円受講受付中
  • 給水装置工事主任技術者 講習会 横浜(2日間)  38,000円受講受付中
  • 給水装置工事主任技術者 講習会 大阪(2日間)【1】  38,000円受講受付中
  • 給水装置工事主任技術者 講習会 大阪(2日間)【2】  38,000円受講受付中
  • 給水装置工事主任技術者 講習会 名古屋(2日間)  38,000円受講受付中
  • 給水装置工事主任技術者 講習会 仙台(2日間)  38,000円受講受付中
  • 給水装置工事主任技術者 講習会 新潟(2日間)  38,000円受講受付中
  • 給水装置工事主任技術者 講習会 広島(2日間)  38,000円受講受付中
  • 給水装置工事主任技術者 講習会 福岡(2日間)  38,000円受講受付中
  • 給水装置工事主任技術者 講習会 DVD通信講座  36,000円受講受付中

給水装置工事主任技術者・試験情報

給水装置工事主任技術者を取得するメリット

受験にあたって、気になるのは「取得したらどんなメリットがあるのか?」という部分ではないでしょうか。
給水装置工事主任技術者を取得すると、個人及び企業に多くのメリットがあります。

水道工事事業者が「指定給水装置工事事業者」の指定を受けるための必須事項

配管を伴う工事の施工を行う事業者は、水道法第16条の2第1項に基づき給水区域内の水道事業体から指定を受けた「指定給水装置工事事業者」に限られます。この「指定給水装置工事事業者」となるためには必要条件を満たし、水道事業体に申請を提出する必要があります。その必要条件は下記のとおりです。(水道法第25条の3)

事業所ごとに給水装置工事主任技術者として選任されることとなる者を置くこと

水道法において、《事業者》と《事業所》の2つは頻出する単語ですが、この違いは千葉県の自治体サイトでは以下のように説明されています。

事業者とは事業を行う人のことを指します。法人も人として扱います。
事業所とは水道局管轄内で事業を行う営業所などのことを指します。
例えば本店が県外、支店が県内にあって、工事をするのは支店のみの場合は
[事業者→本店]
[事業所→支店]
という登録ができます。

上記引用元:千葉県ウェブサイトQ&A

厚生労働省令で定める次の機械器具を有する者であること
  • 一.金切りのこその他の管の切断用の機械器具
  • 二.やすり、パイプねじ切り器その他の管の加工用の機械器具
  • 三.トーチランプ、パイプレンチその他の接合用の機械器具
  • 四.水圧テストポンプ
次のいずれにも該当しない者であること
  • イ.成年被後見人若しくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの
  • ロ.この法律(水道法)に違反して、刑に処せられ、その執行を終わり、又は執行を受けることがなくなった日から2年を経過しない者
  • ハ.第二十五条の十一第一項の規定により指定を取り消され、その取消しの日から2年を経過しない者
  • ニ.その業務に関し不正又は不誠実な行為をするおそれがあると認めるに足りる相当の理由がある者
  • ホ.法人であつて、その役員のうちにイからニまでのいずれかに該当する者があるもの

経営事項審査において企業の得点に加算される(管工事業)

給水装置工事主任技術者は、管工事業における経営事項審査の技術力評価において、資格者1人あたり1点がカウントされます。従って、公共団体が工事を発注し、公共工事を受注する際の技術力として評価を受けることが可能です。給水装置工事主任技術者の取得により、所属企業の評価向上に貢献することもできます。

一般建設業の現場に置く専任の技術者として認められる

給水装置工事主任技術者は、免状交付後、管工事の実務経験を1年以上積むことで営業所ごとに置かなければならない専任技術者として認められることが可能です。専任技術者の配置は建設業法で営業所ごとと定められているため、早急に確保を必要としている企業も少なくはないでしょう。

給水装置工事主任技術者になるための受験資格

給水装置工事主任技術者を受験するための受験資格は「給水装置工事に関して3年以上の実務の経験を有する者」とされており、この“給水装置工事に関する実務の経験”を管轄である厚生労働省は下記のように定めています。

「給水装置工事に関する実務の経験」とは、給水装置工事に関する技術上のすべての職務経験をいう。技術上の職務経験とは、給水装置の工事計画の立案、給水装置工事の現場における監督に従事した経験、その他給水装置工事の施工を計画、調整、指揮監督又は管理した経験及び給水管の配管、給水用具の設置等の給水装置工事の施行の技術的な実務に携わった経験をいい、これらの技術を習得するためにした見習い中の技術的な経験も含まれる。

そもそも「給水装置」とは?

給水装置とは、水道事業者が道路下に設置した配水管より先から、配水管の水圧を利用して使われる建物の給水用具(蛇口、給湯器、自動湯張り型風呂、洗浄便内蔵型大便器など)までの範囲における工事をいいます。
(試験を実施している給水工事技術振興財団は「水道事業者の配水管から分岐して設けられる給水管と、それに直結して設けられる給水用具」と定めています)

尚、水道メータの取付けや取外し、交換等の作業も実務経験に含まれています(検針のみの業務は実務経験に含まれません)。

給水装置工事主任技術者の実務経験に含まれないものを知っておこう

給水装置工事とは、水道事業者が道路化に設置した配水管より先の工事を指すため、「水道施設のみ」の建設工事は給水装置工事ではないため実務経験に含みません。(維持管理業務についても同様です)
また、給水装置工事であっても現場への物品搬入など雑務及び事務の仕事は実務経験に含まれません。

実務経験は2つ以上の事業所(会社)に渡っての合計でも受験することが可能ですが、その場合はそれぞれの会社で証明を得る必要があります。

給水装置工事主任技術者の受験願書を提出する際、必要な書類

受験願書を提出する際は、下記の1~3の書類をご準備いただく必要があります。
期限ギリギリになって揃えようとしたものの間に合わず、提出ができなかったということにならないよう、余裕を持って用意しておくことをお勧めいたします。

1.受験願書・実務従事証明書

給水装置工事主任技術者の受験願書には、実務従事証明書といって受験者の実務経験を証明する欄があります。
この実務従事証明書には、事業所の代表印(社印は不可)が必要です。

2.証明写真

縦4.5cm、横3.5cmのフチがないものと定められております。正面から上半身を撮影し、無背景で6ヶ月以内の物を準備して下さい。

3.払込確認用紙

受験手数料は郵便局の窓口やATMでお支払いいただく形です。受験願書を提出する際に、ご入金完了の際に受け取る「振替払込請求書兼受領証」もしくは「ご利用明細票」の原本が必要となります。

注意事項

実務従事証明書など、申請の時点で虚偽の申告があった場合は厚生労働省より厳重注意を受け、試験に合格した場合は合格を取り消されます。偽らず、正確に記述しましょう。

受験願書は試験実施団体のウェブサイトよりダウンロードする

給水装置の受験願書は、書店や試験実施団体から購入する形ではなく、実施機関のウェブサイトより受験者自身の情報を登録しダウンロードする形式です。ウェブサイト上での登録のみでは受験できませんのでご注意下さい。
受験申請可能期間になりましたら、試験実施機関ウェブサイト上より登録フォームに遷移することができるようになりますので、必要事項を入力後、ダウンロードし所定の送り先へ郵送して下さい。

試験実施団体:給水装置技術振興財団

基本中の基本ですが、受験願書の提出は1日でも過ぎてしまうと如何なる理由であってもその年の受験申請は受け付けられません。
願書の提出受付期間は、例年3月頃に発表され、願書の交付開始が5月下旬~受付締め切りは6月末となっています。暦の関係で細かい変更はありますが、例年ほぼ同じ日程と考えて間違いないでしょう。
日程が大きく変わることはないと思われますが、万が一を考えるのも受験をする上では大切なことです。無事に提出が完了するまで、試験の実施日程はこまめにチェックするよう心がけましょう。

給水装置工事主任技術者 試験情報

給水装置工事主任技術者となるには、厚生労働省が指定する試験実施団体が行う国家試験に合格しなければなりません。免状を受けるためにはこの国家試験に合格することが必要です。

受験科目

学科試験1 公衆衛生概論
水道行政
給水装置の構造及び性能
給水装置工事法
給水装置計画論
給水装置工事事務論
学科試験2 (※) 給水装置の概要
給水装置施工管理法

※学科試験2に関しては、1級または2級の管工事施工管理技士をお持ちの方は免除されます。

合格基準点(平成29年度の例)

給水装置工事主任技術者試験が難関と言われる理由の1つに、「科目ごとの合格基準点」いわゆる「足切り」が存在していることが挙げられます。平成29年度の試験を例にとってみます。

配点(平成29年度の場合)

1問1点の必須科目6問で計40点、全科目で計60点

合格基準(平成29年度の場合)

下記(1)~(3)の基準があり、「学科試験2」の免除者は(1)と(3)を、非免除者は(1)~(3)の全てを満たす必要があります。

(1)必須6科目(学科試験1)の得点の合計が、27点以上であること。

以下(3)の項目で示す各科目の最低基準点を合計すると15点が合計値です。つまり、最低基準点を獲得した上で、更に合計で27点以上を取ることが必要だということになります。

(2)全8科目の総得点が、40点以上であること。

8科目の最低基準点は合計23点ですので、この基準を満たすためには最低基準点の2倍近くを獲得する必要があります。

(3)次の各科目の得点が、それぞれ以下に示す点数以上であること。
学科試験1 公衆衛生概論 1点
水道行政 2点
給水装置工事法 4点
給水装置の構造及び性能 4点
給水装置計画論 2点
給水装置工事事務論 2点
学科試験2 給水装置の概要 4点
給水装置施工管理法 4点

受験地

給水装置工事主任技術者の受験地は、都道府県別ではなく下記に示す地域別の8地域で行われます。

北海道 / 東北 / 関東 / 中部 / 関西 / 中国・四国 / 九州 / 沖縄

受験願書を申請する際、希望の受験地を選びます。詳しい試験会場は届いた受検票及び受検票送付時期にウェブページからご覧になれるようになります。

受験料

非課税で16,800円です。

合格率

給水装置工事主任技術者の合格率

過去、直近5年の合格率は下記表のとおり推移しています。

試験実施年度 受験者数 合格者数 合格率
平成25年度 12,773 4,004 31.3%
平成26年度 13,313 3,588 27.0%
平成27年度 13,978 4,348 31.1%
平成28年度 14,459 4,875 33.7%
平成29年度 14,650 6,406 43.7%

20%台後半~30%台と推移している印象でしたが、昨年平成29年度は40%台と合格率が非常に高かった年でした。

給水装置工事主任技術者 全国合格率の推移

スマートフォン表示はこちら

ページの先頭へ