faq│施工管理技士コンテンツ

当社の受験準備講習会・映像通信講座について

講習会のお申し込み方法を教えて下さい。
受講お申込みフォームよりお申込いただけます。

当社ウェブサイト上でお申込みができます。
受講申し込みフォームより「個人」または「団体」をお選びいただき、必要事項を入力の上、ご送信下さい(FAXもご利用可能です)。

法人でのお申込みであっても、1名様で受講者様とご担当者様が同一の場合は「個人」。受講者様と担当者様が別の場合は1名様であっても「団体」よりお申込み下さい。もちろん、会社名を入力せず個人様でのお申込みも可能です。会社名の入力がなく自宅住所をお選びいただいた場合、ご受講されていることが所属企業に知られることはございませんのでご安心下さい。

受講の申込みはいつまで受け付けていますか?
通学講座はお申込みが定員になり次第終了、映像通信講座は在庫終了までお申込みを受け付けております。

お座席に余裕がある場合は各講座の受講開始日前日までお申込みを受け付けておりますが、例年早期に会場が満席となりますので、会場・日程などご確認の上、お早目にお申込みいただくことを強くお勧めいたします。

受験準備講習会の会場・日程はこちらをご参照ください。

当社(支店・営業所)から一括で受講申し込みを行いたいのですが、できますか?
できます。

会社単位、または支社・支店・営業所単位で2~10名様ご一括のお申し込みの場合は、当社ホームページの
受講申し込みフォーム「団体お申し込み」欄がご利用いただけます(FAXもご利用可能です)。

 11名様以上ご一括のお申し込みの場合は、必要枚数分の受講申込書(PDFファイル)を
こちらからダウンロードのうえ、FAXでお申し込みいただくか、お申し込み前にお電話ください。

受付FAX番号: 0120-755-529 (日本建設情報センター)
お問い合わせフリーダイヤル: 0120-129-209 (日本建設情報センター) ※携帯、PHS可

受講票が届きません。
郵便事故等で不着の可能性がございます。再発送いたしますので、お電話でご連絡ください。

万が一受講票が未着の場合は、再発行の手続きをいたしますのでお早めにご連絡ください。
受付電話番号や対処につきましては、受講票をなくされた場合と同様です。

受講票をなくしてしまいましたが、どうすればいいですか?
再発行の手続きをいたしますので、お早目にお電話でご連絡ください。

再発行の手続きをいたしますので、お早目に下記受付電話番号までご連絡ください。
万が一、受講当日までに再発行が間に合わない場合は、講習会会場での再発行も受け付けます。その際は、必ず講習会費 の支払いを証明する書類(払込金受領証など。コピーでも可)および受講者ご本人様が確認できる書類(運転免許証、パスポート、写真付社員証など)をご持参ください。

お問い合わせフリーダイヤル: 0120-952-043(受講者サポートダイヤル) ※携帯、PHS可

最初に申し込んだ講習会の日程では都合が悪くなってしまったので、会場(日程)を変更したい。
会場(日程)の変更もお受けいたしております。

ただし、変更をご希望される会場(日程)が満席の場合はご希望に添えない可能性もございますので、
変更をご希望される場合はお早目に電話でご連絡ください。

お問い合わせフリーダイヤル: 0120-952-043 (受講者サポートダイヤル) ※携帯、PHS可

講習会受講と検定試験の申し込みを、同時に行いたい。
検定試験への出願は必ず各自で行ってください。

当センターでは、受験準備講習会を受講される方に対し、検定試験の受験願書を取り寄せ、
教材とともにお送りするサービスを実施いたしております。
ただし、検定試験への出願は講習会受講とは全く別個の手続きですので、
検定試験を実施する機関への出願手続きは、必ず各自で行ってください。
また、当社では検定試験の出願手続き代行は行っておりませんので、あしからずご了承願います。

お問い合わせフリーダイヤル: 0120-129-209 (日本建設情報センター) ※携帯、PHS可

電話で受講の申し込みを行いたいのですが、できますか?
お電話等、口頭での申込み受け付けは行っておりません。

当センターホームページの受講申込フォームか、FAXにてお申し込みください。
FAXでの受講申込書(PDFファイル)はこちらからダウンロードできます。

また、11名様以上ご一括のお申し込みの場合など申し込みフォームや受講申込書で対応していない申し込みはお電話にてご相談ください。

受付FAX番号: 0120-755-529 (日本建設情報センター)
お問い合わせフリーダイヤル: 0120-129-209 (日本建設情報センター) ※携帯、PHS可

入金後ですが受講のキャンセルはできますか?
ご入金後のキャンセル、返金は承っておりません。

ご入金後に「願書の提出が間に合わなかった」「試験日に仕事の予定が入ってしまった」等、如何なる理由でも取り消し、返金は承っておりません。受講の取り消しを希望される場合、『受講者の変更』又は『他会場・映像通信講座へ変更』『翌年へ繰越』といった形で対応致しております。ご了承下さい。

CICの合格率を教えて下さい。
正確な値が算出できないため、公表は控えております。

例年、受験番号調査という形で調査は行っておりますが、短期講座及び通信講座という講座の特性上、受講者全ての方に報告いただいてはいないため、合格率については、公表を控えさせていただいております。

参考までに一部、報告を頂いております合格した方々の声を掲載しております。

教材・受験願書について

教材が手元に届くまでに、日数はどのくらいかかりますか?
受講料のご入金を確認後、通常2~3営業日で発送いたしております。

ただし、教材が新年度版に改訂される場合は、新年度版が発刊され次第の発送となります。
また、年末年始や夏季休業などの連休前後など、お申し込みいただいた日によって若干の遅れが出る場合もございます。
離島などの地域的な条件や天候不順、配送業者の都合などによっても遅れが生じる場合がございますので
あしからずご了承ください。

受験願書のみの購入はできますか?
受験願書のみの販売は行っておりません。

当センターが実施する1級施工管理技士(学科)・2級施工管理技士(学科・実地)の受験準備講習会及び映像通信講座にお申込みのお客様には願書の無料取り寄せサービスを実施しております。よろしければご検討下さい。

テキスト(問題集・資料)のみの購入はできますか?
使用教材のみの販売は行っておりません。

講習会及び映像通信講座で使用している教材のみの販売は行っておりません。受講者様のみにお送り致しておりますので、ご了承下さい。

施工経験記述通信添削とはどういったサービスですか?
当センターが用意した書式に受講者様本人が記入した施工経験記述の答案を当センターまでお送りいただき、講師が採点してお返しするサービスです。

施工経験記述は御本人の経験を記述して説いていただく論文形式の問題となります。それぞれ異なった記述が必要となりますので、独学で正解を導き出すのが非常に難しい問題です。この通信添削サービスでは、試験に精通した講師が実際に解いていただいた施工経験記述の不正解となる可能性が高い記述を赤ペンで訂正し、解説・講評致します。学習の総仕上げにご好評いただいているサービスです。

DVDが再生できません。
ディスクの交換を致します。

お手数ですが、ご氏名、お申込み講座、再生ができないディスク番号を明記の上お問い合わせフォームよりご連絡いただくか、下記の受講者サポートダイヤルまでお電話にてご連絡下さい。

受講者サポートダイヤル:0120-952-043

試験について

○○を卒業して●●の実務経験があるのですが、受験資格はありますか?
各試験実施機関が発行している「受験の手引き」をご覧ください。

具体的にどの学科が「指定学科」に該当するかについては、
国土交通省が個別に指定する各検定試験実施機関が作成している「受験の手引き」に記載されていますので、
まず「受験の手引き」を参照、熟読されることをお勧めいたします。
また、当センターでも、指定学科や受験資格に関するお問い合わせに対し、「受験の手引き」に記載されている
範囲内でのご回答はいたしております。ただし、個別性の高い詳細なご質問につきましては、
正確・確実を期すために回答に少々お時間をいただく場合がございますのでご了承ください。

転職経験者ですが、以前に働いていた会社での実務経験を証明するには、どうすればいいですか?
各試験実施機関が指定する方法に従ってください。

過去に勤めていた会社での実務経験である、などの事情で実務経験を証明する書類のお取り寄せが困難な場合は、各検定試験実施機関に直接お問い合わせください。

【建築・電気工事施工管理技士】
建設業振興基金:03-5473-1581
【土木施工管理技士】
一般財団法人 全国建設研修センター 試験業務局土木試験部土木試験課:042-300-6860
【管工事施工管理技士】
一般財団法人 全国建設研修センター 試験業務局管工事試験部管工事試験課:042-300-6855
【電気通信工事施工管理技士】
一般財団法人 全国建設研修センター 試験業務局電気通信工事試験部電気通信工事試験課:042-300-0205
【給水装置工事主任技術者】
公益財団法人 給水工事技術振興財団:03-6911-2711
【建築物環境衛生管理技術者】
公益財団法人 日本建築衛生管理教育センター:03-3214-4620
【賃貸不動産経営管理士】
一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会:04-7170-5520

また、検定試験実施機関が作成している「受験の手引き」も合わせてご参照ください。

検定試験の合格証明書をなくしてしまったので、再交付をしたい。
試験実施機関から再交付申請書を入手し、提出する必要があります。

合格証明書をなくしたり破損してしまったりした場合は、関係省庁宛てに再交付の申請をしなければいけません。
再交付申請書の入手方法や詳しい手続きの方法については、各検定実施機関にお問い合わせください。

【建築・電気工事施工管理技士】
建設業振興基金:03-5473-1581
【土木施工管理技士】
一般財団法人 全国建設研修センター 試験業務局土木試験部土木試験課:042-300-6860
【管工事施工管理技士】
一般財団法人 全国建設研修センター 試験業務局管工事試験部管工事試験課:042-300-6855
【電気通信工事施工管理技士】
一般財団法人 全国建設研修センター 試験業務局電気通信工事試験部電気通信工事試験課:042-300-0205
【給水装置工事主任技術者】
公益財団法人 給水工事技術振興財団:03-6911-2711
【建築物環境衛生管理技術者】
公益財団法人 日本建築衛生管理教育センター:03-3214-4620
【賃貸不動産経営管理士】
一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会:04-7170-5520

また、検定試験実施機関が作成している「受験の手引き」も合わせてご参照ください。

2級は受験せず、いきなり1級にチャレンジしたいのですが、できますか?
必要となる実務経験を満たしていれば、1級から受験することも可能です。

2級を受験しなくても、また2級に合格していなくても1級を受験することは可能です。
受験資格につきましては、当センターのウェブサイトでもご案内しております。
下記のバナーをクリックしてご確認ください。

スマートフォン表示はこちら

ページの先頭へ