施工管理技士コンテンツ

技術検定制度とは

技術検定は、建設業法に基づき、施工技術の向上を図るため、建設業者の施工する建設工事に従事し又はしようとする者について行われます。
技術検定試験は、下記表に示す6種目の技術について、それぞれ1級・2級に区分し、学科試験と実地試験によって行われます。

各検定種目と各検定技術について

検定種目 検定技術
土木施工管理 土木一式工事の実施に当たり、その施工計画の作成および当該工事の工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理を適確に行うために必要な技術。
建築施工管理 建築一式工事の実施に当たり、その施工計画および施工図の作成並びに当該工事の工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理を適確に行うために必要な技術。
電気工事施工管理 電気工事の実施に当たり、その施工計画及び施工図の作成並びに当該工事の工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理を適確に行うために必要な技術。
管工事施工管理 管工事の実施に当たり、その施工計画および施工図の作成並びに当該工事の工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理を適確に行うために必要な技術。
建設機械施工 建設工事の実施に当たり、建設機械を適格に操作するとともに、建設機械の運用を統一的かつ能率的に行うために必要な技術。
造園施工管理 造園工事の実施に当たり、その施工計画および施工図の作成並びに当該工事の工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理を適確に行うために必要な技術。

また、2級の技術検定のうち次の種目については、検定の対象となる技術が専門化していることや多岐にわたるため、それぞれ種別に分けて実施されます。

2級の種別について

検定種目 検定技術
2級土木施工管理技術検定 土木 / 鋼構造物塗装 / 薬液注入
2級建築施工管理技術検定 建築 / 躯体 / 仕上げ
2級建設機械施工技術検定 「第一種」から「第六種」

技術検定は、このような建設工事に従事する技術者の施工技術の向上を図るために国土交通大臣が行うもので、必要とする一定の技術基準について検定し、合格者については称号を付与し、その技術力を社会的に認定することを目的とする制度です。

スマートフォン表示はこちら

ページの先頭へ