Webで受講できる特別教育|顔認証システムで修了証発行まで一気通貫!

足場の組立て等の業務に係る特別教育
酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

Webで手軽に実施できる特別教育!

厚生労働省から「インターネット等を介したeラーニング等により行われる労働安全衛生法に基づく安全衛生教育等の実施について(令和3年基安安発0125第2号ほか)」が公表され、eラーニング等により安全衛生教育等を実施することについて基本的な考え方及び留意事項が示されました。

参照:インターネット等を介したeラーニング等により行われる労働安全衛生法に基づく安全衛生教育等の実施について

本講座は、この通達を遵守して実施しています。詳しくは下記講座情報をご確認ください。

なぜ特別教育が必要なのか

そもそも、特別教育はなぜ必要なのでしょうか?

「足場の組立等の業務に係る特別教育」と「酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育」を例に見ていきましょう。

「足場の組立等の業務に係る特別教育」が必要な理由

業種別死亡者数・事故の型別死亡者数のグラフ

厚生労働省公表の「労働災害発生状況の分析」を見ると、

  • 全業種の中で最も死亡者数が多い業種が建設業
  • 建設業の死亡者数のうち"墜落・転落"で亡くなった方が4割近くをを占めている

となっています。

この傾向・割合は近年変わっておらず、厚生労働省がまとめた令和3年(1~12月)の労働災害発生状況によると、建設業全体の死亡者数は288人で全産業の33.2%を占め、最も死亡者数が多い業種が建設業でした。

また、死亡者数288人のうち「墜落・転落」で亡くなった方が110人にのぼり、死亡災害の4割近くを占めています。

「酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育」が必要な理由

酸素欠乏症硫化水素中毒
被災者数158人107人
うち死亡者数93人48人
致死率58.9%44.9%

厚生労働省公表の「酸素欠乏症・硫化水素中毒による労働災害発生状況」を見ると、

  • 酸素欠乏症の過去20年間の業種別発生状況は、製造業と建設業の2業種で全体の6割以上
  • 硫化水素中毒の過去20年間の業種別発生状況は、製造業・清掃業・建設業の3業種で全体の8割

を占めています。

左の表は過去20年間(2001年~2020年)の酸素欠乏症と硫化水素中毒の発生状況を示したものです。
酸素欠乏症・硫化水素中毒を原因とする災害は、致死率が非常に高く、事故が起きると死に直結しかねない災害であることを示しています。

このように、建設業や製造業をはじめとする「現場」には、死亡に直結する事故が発生するリスクが非常に高いのです。

そのため、このようなリスクを伴う業務に従事する場合は特別教育を修了しなければ業務に就くことができません。

「特別教育を修了しなければ業務に就くことができません。」と言われても…

  • 作業者を増やしたいけど、 どうやって特別教育を実施すればいいかわからない…
  • 研修会を実施しようにも、 会場や講師を手配する時間も予算もない…
  • 通信教育が出来ればいいけど 本当に講習を受けてたか確実に把握できない…
  • 新人さんが入る度に何度も研修会を開催するなんて無理!

そのお悩み、
顔認証システム搭載!
CICのWeb講座
が解決します!

CICのWeb講座なら、確実に受講させることができます!

CICのWeb講座なら、受講者の進捗管理ができる!

CICのWeb講座では、顔認証システムを導入しています。

  • 登録した顔写真と受講者様の顔を照合

  • 不正受講があれば講義が自動で停止

  • 速度や再生時間の変更を防止

といった機能が搭載されているので、確実に受講させることができます!

また、Web講座なので、

  • 講習会を何度も開催する必要なし!

  • 必要な時に必要な方だけ受講できるため、コストを抑えられる!

といったメリットがあります!

あなたの会社の特別教育を、CICのWeb講座に任せてみませんか?

特別教育を手軽に実施して、効率的に人材確保しましょう!

受講の流れ

本講座は、開講期間内(受講開始日より60日間)に、決められた順番で、本人確認に必要な書類の提出や講義の視聴等を進めていきます。

  • 1.
    受講前のご準備

    受講を始める前にインターネットを利用できるカメラ機能付き端末を用意します

    パソコン、タブレット、スマートフォン

    インターネットを利用できる端末
    (パソコン、タブレット、スマートフォン等)

    Webカメラ

    Webカメラ(端末付属)
    ※端末に標準装備されていない場合は後付け用のWebカメラが必要です

  • 2.
    顔認証システムへの登録

    教材が届いたら学習システムにログインします。開講期間内に必要書類を提出し、講義を視聴してください。

  • 3.
    学習状況をしっかり管理

    修了に係るすべての要件を終えたら、次の確認を当センターが受講状況・提出書類により行います。

    • 「受講者が法令で定められた教育時間以上の教育を正しく受けたこと」
    • 「法令で定める教育時間以上の教育を受けた方が受講者本人であること」
  • 4.
    実施証明書と修了証の発行

    確認がとれたら実施証明書(A4書面・事業者様保管用)と修了証(プラスチックカード・受講者様携帯用)をご希望の送付先にお届けします。

    実施証明書…労働安全衛生法その他関係諸規定に基づき実施する教育の全課程を修了したことを記録するものです。

    修了証…労働安全衛生法その他関係諸規定に基づき実施する教育の全課程を修了したことを証明するものです。

講座カリキュラム

足場の組立等の業務に係る特別教育

カリキュラム・講義内容は、安全衛生特別教育規程第22条(足場の組立て等の業務に係る特別教育)に基づき下表のように行っています。

科目講義時間
足場及び作業の方法に関する知識3時間1分
工事用設備、機械、器具、作業環境等に関する知識37分
労働災害の防止に関する知識1時間33分
ここまでのまとめ~習熟度確認問題~13分
関係法令1時間11分

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

カリキュラム・講義内容は、酸素欠乏危険作業特別教育規定第2条に基づき下表のように行っています。

科目講義時間
酸素欠乏等の発生の原因1時間13分
酸素欠乏症等の症状1時間8分
空気呼吸器等の使用の方法1時間13分
事故の場合の退避及び救急そ生の方法1時間13分
その他酸素欠乏症等の防止に関し必要な事項1時間37分

教材について

足場の組立等の業務に係る特別教育

  • ※受講料(税・送料込)には、下記教材、送料の代金が含まれております。
  • ※商品発送予定:ご入金の確認ができたお客様より順次発送いたします。
  • ※受講形態はWebのみです。
  • ・改訂版 足場の組立等の業務に係る特別教育用テキスト

  • ・ログインカード

  • ・映像教材

※開講期間:受講開始日(教材発送日の翌日)より60日

※収録時間:6時間35分(法令で定められた時間以上)


※画像はイメージです。デザインは変更される場合があります。

酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

  • ※受講料(税・送料込)には、下記教材、送料の代金が含まれております。
  • ※商品発送予定:ご入金の確認ができたお客様より順次発送いたします。
  • ※受講形態はWebのみです。
  • ・改訂版 酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育

  • ・ログインカード

  • ・映像教材

※開講期間:受講開始日(教材発送日の翌日)より60日

※収録時間:6時間24分(法令で定められた時間以上)


※画像はイメージです。デザインは変更される場合があります。

受講料

Web講座

当センターの特別教育はWebで完結!進捗確認が簡単!

特別教育
足場の組立等の業務に係る特別教育 11,000
(税・送料込)
酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育 11,500
(税・送料込)

※「足場の組立て等の業務に係る特別教育」は、労働安全衛生規則第36条第39号(足場の組立て、解体又は変更の作業に係る業務(地上又は堅固な床上における補助作業の業務を除く))に定められている特別教育です。

※「酸素欠乏・硫化水素危険作業特別教育」は、労働安全衛生規則第36条第26号(令別表第六に掲げる酸素欠乏危険場所における作業に係る業務)に定められている特別教育です。

担当講師

著者
担当講師 加藤 敦史

講師より

私は、建設会社の現場責任者として安全管理・生産管理及び労務管理を経験し、その後、設計部門にて建設物の設計業務の他、生産管理全般の社内講師として現場指導を20年以上担当してきました。
現在は、その経験を活かし、労働安全コンサルタント(厚生労働大臣登録)として様々な産業において職場の安全衛生水準の向上に尽力しています。
安全管理は事業者側の努力だけ、労働者側の努力だけでは成り立ちません。事業者・労働者が相協力してはじめて成立するのが安全管理です。
長く民間企業にて労働安全衛生に係わり、安全管理技術を習得してきた経験から、事業者側・労働者側双方の立場で考え、安全管理について解りやすく解説し、できそうなところからアドバイスします。
いつも安全作業で、お仕事頑張ってください!

主な業務分野・公職

  • 安全診断業務(建設業、製造業、陸上貨物運送業、小売業、飲食業、社会福祉事業)
  • 安全顧問業務(土木工事業、とび・土工事業、建築工事業、造園土木工事業、陸運業)
  • 講師業務(各種特別教育、安全衛生教育、国土交通省認定CPDS講習)
  • 労働安全セミナー(建設業、製造業、商工会連合会、陸運業等)
  • 労働安全衛生マネジメントシステム導入支援 (建設業全般)
  • 企業安全大会等での講演(建設業、製造業、サービス業等)
  • 1・2級土木施工管理技士受験対策講座講師(日本建設情報センター)
  • 労働災害防止対策推進事業 (厚生労働省)
  • 建設産業生産性向上支援事業(国土交通省)
  • 厚生労働省 労働災害防止対策推進事業 安全診断員、安全講習講師
  • 国土交通省 建設産業生産性向上支援事業 支援アドバイザー
  • 労働基準協会(豊田、半田、名東、岡崎) 法定講習講師
  • 愛知県建設組合連合 法定講習講師

申込みの流れ

  • 1.
    お申込みボタンをクリック

    数量等を選択して次へ進み、受講お申込み確認画面が表示されたら内容を確認してください。
    間違いがなければ次のお客様情報の入力に進んでください。

  • 2.
    お客様情報、
    お支払方法を入力し送信

    お客様情報を入力し、次へ進むとお支払い方法の選択画面に移ります。ご希望のお支払方法を選択して次へ進みます。
    お支払方法は、クレジットカード・郵便振替・銀行振込をご利用頂けます。

  • 3.
    お申込の確認

    お申込み内容の確認画面が表示されたら内容を確認し、間違いがなければ「同意します」にチェックを入れ申込みを完了してください。
    お申込み後、弊社よりお申込内容を確認できるメールを送信いたします。

複数名のご受講を検討されているお申込み代表者様へ

代表者様が申込み、代表者様が教材を受け取る場合

お申込みの際に、教材のお届け先の項目で「請求先と同じ」を選択してお申し込みください。

代表者様は申込みのみ行い、教材は受講される方へお届けする場合

お申込みの際に、教材のお届け先の項目で「請求先と異なる」を選択し、受講される方のお名前とご住所をお伝えください。

ご留意いただきたい点

  • 本講座の開講期間は受講開始日(教材発送日の翌日)より60日です。
    また、弊社が実施証明書および修了証の発送を終えたら受講終了となります。
  • ご連絡用としてメールアドレスを登録していただきます。
  • 開講期間中、実施証明書・修了証の記載事項として氏名、生年月日等を提出していただきます。
  • 開講期間中、本人確認書類として顔写真付き公的身分証明書(免許書等)の画像データを提出していただきます。
  • 講義視聴中、受講状況の確認と本人確認のため、受講者の撮影を行います。
  • 講座の特性上、講義視聴中の倍速再生・シークバーによる移動はできません。
  • 講義は所定の条件の下で視聴していただきます。受講状況が悪い場合は再受講となります。
  • 本講座の推奨動作環境は こちらでご確認ください。
  • 本講座で得た個人情報は 弊社プライバシーポリシーに則り取扱います。

よくあるご質問

講座について

  • 科目はどんなものがありますか?
    また講義時間はどのぐらいですか?

    法令で定められた科目について、法令で定められた教育時間以上の講義を行っています。

  • 講義内容や教材はどのようなものですか?

    イメージがしやすいように特別教育講義用に編集したスライドを示しながら講義を行っています。
    また、理解をより深められるように特別教育用テキストも使用しています。

  • 講師はどんな人ですか?

    さまざまな職場で安全衛生水準の向上に尽力している労働安全コンサルタントが担当しています。

  • わからないことがあるので質問したいのですが?

    学習システム内で質問を受け付け、回答させていただきます。
    Web上で完結するので、お気軽に質問していただけます。

  • いつまで受講できますか?

教材について

  • 教材が手元に届くまでに、日数はどのくらいかかりますか?
  • テキスト(問題集・資料)のみの購入はできますか?

受講料およびお支払いについて

  • 受講料の支払い方法は、何がありますか?
  • キャンセルしたいのですが可能ですか?

CICのWeb講座で
特別教育をもっと手軽に!

働くあなたの安全を守るため、
私たちCICが伴走します!

10名以上でご受講を検討されている方は、
無料でお見積り・ご提案させていただきます。

まずは、お気軽にご連絡ください

phone0120-129-209

お問い合わせフォーム