電験三種に独学で合格できる?勉強方法や勉強時間、おすすめのテキストも紹介

電験三種に独学で合格できる?勉強方法や勉強時間、おすすめのテキストも紹介

電験三種

「電験三種は独学でも合格できるだろうか」

「独学の場合の効率的な勉強方法はなんだろう?」

上記のような悩みや疑問がある方を対象に、電験三種の独学での効率的な勉強方法や、おすすめの教材を解説します。

また、独学が厳しいと感じた方に向けておすすめの通信教育も紹介します。

本記事を読むことで、あなたが電験三種に合格するための最適な勉強方法がわかるでしょう。

電験三種は「独学合格が難しい」と言われるのはなぜ?

電験三種は、一般的に独学での合格が難しいと言われています。

独学合格が難しいとされる主な理由は、以下の3つです。

  • 試験範囲が広い
  • 計算問題が多い
  • モチベーション管理が難しい

上記の理由を把握すると、必要な対策が見えてきます。それらを踏まえて効果的に対策することで、より合格率を高められます。

それぞれの理由について詳しく見ていきましょう。

試験範囲が広い

電験三種の独学合格が難しいといわれる理由の1つは「試験範囲が広いこと」です。
電験三種は4科目で構成されています。以下に概要をまとめたので参考にしてください。

試験科目 出題内容 問題内容例
理論
  • 電気理論
  • 電子理論
  • 電気計測及び電子計測
  • オームの法則
  • 直流回路の電位差
  • ヒステリシスループ
  • 点電荷の周りの電位と電位差など
電力
  • 発電所及び変電所の設計及び運転
  • 送電線路及び配電線路(屋内配線を含む)の設計及び運用並びに電気材料
  • フェランチ効果の計算
  • 配電線路における電力損失と電圧降下
  • 汽力発電所の熱サイクル
機械
  • 電気機器
  • パワーエレクトロニクス
  • 電動機応用
  • 照明
  • 電熱
  • 電気化学
  • 電気加工
  • 自動制御
  • メカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理
  • 誘導電動機の損失と効率
  • 直流電動機の回転速度
  • 同期発電機の並行運転
  • 誘導電動機の損失と効率
法規 電気法規(保安に関するものに限定)及び電気施設管理
  • 高圧保安工事
  • テブナンの定理
  • 低圧幹線の施設
  • 力率改善に関する計算


上記のとおり数学の基礎から電気に関する公式など暗記要素や計算要素が多く、総合力が求められるのが電験三種の特徴です。
そのため、独学で出題範囲の全体像をつかんで予想するのが難しい傾向にあります。

計算問題が多い

電験三種の独学合格が難しいとされる別の理由は「計算問題が多いこと」です。

中学高校レベルの数学と物理の基礎勉強を行う必要があります。数学が苦手だった方は復習が必要です。シンプルな暗記は通用しないため、公式を覚えたうえでの応用を行いましょう。

ここでは、計算問題の例を1つとして以下をご紹介します。

「教室の平均照度を500lx以上にしたい。ただし, その時の光源一つの光束は2400lm, この教室の床面積は15m×10mであり, 照明率は60%, 保守率は70%とする。必要最小限の光源数として, 最も近いものを次の⑴~⑸のうちから一つ選べ。」

引用:2020年9月13日(日)実施 機械科目 問12

特に文系の方や数学が得意でない方にとって、計算問題を独学でマスターするのは難しい場合があります。都度解説が必要になる場合もあるため、通信講座や動画解説などがあると心強いでしょう。

モチベーション管理が難しい

電験三種の独学合格が難しいといわれる別の理由として「モチベーション管理が難しいこと」が挙げられます。

試験科目は4つあり、それぞれでの合格が必要です。
出題範囲は各科目内でも広く、学習すべき内容も多岐にわたります。
加えて試験科目に関しては「科目合格制度」があり、まとまった学習時間が取れない場合、長期間学習になるケースも多いです。

一部の科目だけ合格した場合には科目合格となって、翌年度及び翌々年度の試験では申請によりその科目の試験が免除されます。

引用:電気技術者試験センター

以上の点を踏まえると、電験三種の試験勉強は最低でも1年単位の長期戦になり、独学で準備するのが難しくなります。
また合格目標を立てても、自身でスケジュール作成をするのが難しかったり、スケジュールの実行が難しかったりすることも想定されます。

この点に関しても、自己管理が難しいと感じる方は、通信講座などで管理やサポートをしてもらうのが良いでしょう。



CIC日本建設情報センターの電験三種(第三種電気主任技術者)受験対策講座について詳しく知りたい方はこちら CIC日本建設情報センターの電験三種(第三種電気主任技術者)受験対策講座に関する資料の請求はこちら

電験三種で独学合格を目指す勉強方法

ここからは電験三種で独学合格を目指す勉強方法を、以下の3つのポイントで解説します。

  • 勉強の進め方
  • 科目別の勉強するポイント
  • おすすめの教材

各ポイントの詳細を見ていきましょう。

勉強の進め方

電験三種の勉強を効率良く進めるポイントとして、以下の2つが挙げられます。

  • 理論から学習を進める
  • 過去問を繰り返し解く

これらのポイントを知ることで、何から取りかかれば良いかがわかり、スケジュールを立てやすくなります。
効率よく学習を進めることは、理解度を高めるうえでも有効です。

それぞれのポイントを見ていきましょう。

理論から学習を進める

効率よく勉強できる科目の学習する順番

1. 理論
2. 電力 / 機械
3. 法規


電験三種の勉強をスムーズにするポイントは「理論科目から学習を進めること」です。

理論にはすべての科目に共通する基礎が含まれています。つまり、最初に理論を学ぶことで学習のベースができます。

理論の次は「電力」と「機械」を同時に学習するのが効果的です。

これら2つの科目は基礎を理解できると解ける問題が多いほか、出題内容が重なる範囲もあるため、まとまった学習ができるでしょう。

そして、最後に法規を学習します。法規は主に暗記が必要です。
また、ほかの科目を学習しないと理解しにくい内容であり、最後の総本山として取り組むのをおすすめします。

過去問を繰り返し解く

電験三種の勉強を効率的に進める別のポイントは「過去問を繰り返し解くこと」です。

インプットを繰り返しても、アウトプットできないと試験では役に立ちません。
学習がある程度進んだ段階で、学習内容をしっかり把握できているか確認するために、必ず過去問題を確認しましょう。

ここでのポイントは、1周で終わらず繰り返し行うことです。少なくとも、過去10年分はこなしましょう。

多くの過去問を解くと、問題で問われていることを根本的に理解でき、計算力も身につきます。
また、実際の試験でどのようなレベルの設問があるのか把握したうえで学習できます。

先述のとおり、電験三種は応用力が求められる試験です。インプットとアウトプットを同時並行で行い、実地的な解法力を身につけましょう。
間違えた箇所や不安がある箇所は必ず復習し、ウィークポイントを残さないことも重要です。

【科目別】勉強のポイント

電験三種4科目の特徴や内容を表にまとめました。

科目 内容
理論 電気理論、電子理論、電気計測及び電子計測
電力 発電所及び変電所の設計及び運転、送電線路及び配電線路(屋内配線を含む)の設計及び運用並びに電気材料
機械 電気機器、パワーエレクトロニクス、電動機応用、照明、電熱、電気化学、電気加工、自動制御、メカトロニクス並びに電力システムに関する情報伝送及び処理
法規 電気法規(保安に関するものに限る)及び電気施設管理

引用:電気技術者試験センター

ここからは科目別の勉強ポイントを見ていきましょう。

理論

理論科目で求められる主な学習分野は「電磁気」「電気回路」「電子回路」です。

理論科目の特徴は、計算問題が中心となる点です。比率が全体の80%と非常に多いため、計算力が求められることはもちろん、時間制限も意識する必要があります。

なお、理論は全科目の基礎です。最初は地道に公式や計算式から確実に押さえましょう。しかし、公式をシンプルに当てはめることで解ける計算問題のみが出るわけではありません。

応用力も必要になるため基礎が固まった段階で、過去問を繰り返し解きながら公式や定理を理解していくのがポイントです。

また理論の後半では選択問題が出題されます。
勉強時間を確保できない方は、得意な分野に絞るのも一つの方法です。得意な分野を伸ばし、選択問題をより確実に正解できるよう対策しましょう。

電力

電力科目では「発電」「送電」「配電」に関する問題が多く出題されます。

この科目は電気や電力関連の実務経験がある方にとっては有利な科目です。例えば電気工事士として活躍している方などは、馴染みのあるポイントが出てくる可能性があります。

一方で電気の知識や実務経験がないとハードルは高めです。
専門用語が多く根気強さが求められます。問題の形式は計算問題がそれほど多くなく4割ほどで、正誤判定や穴埋め問題と同じくらいの割合です。

ただし出題範囲が広いため、最初は広く浅くで勉強を始めましょう。
専門用語に慣れながら、電力系統の流れを理解していくのが電力科目攻略の基本です。

最低限の知識を身に付けた後、過去問題にてアウトプットしてください。間違えた問題は知識が定着していないため、更にインプットを行いましょう。

インプットとアウトプットの繰り返しで電力に合格する力は身につきます。参考書で長時間勉強するのは非効率的となるため、問題集を活用して効率的に学習してください。

機械

機械科目は学習範囲が多岐に渡るため、難易度が高いです。
令和2年の合格率は6.7%と非常に低かった年もあるなど、一筋縄ではいきません。

具体的には「変圧器」「誘導機」「直流機」「同期機」の四機をメインに学習します。四機に関する問題が7割を占めてくるため、重点的に学習することが必要です。

まずは、理論科目をしっかりと理解し応用問題にも対応できるようにすると良いでしょう。

学習時間も限られているため、パワーエレクトロニクスなどの理解が難しい分野は、四機にフォーカスして時間をさかないのも1つの方法です。

後は、過去問題を繰り返し解いて、自分の苦手な分野と得意な分野を把握しましょう。苦手な分野は最低限の克服を行い、得意な分野は出題された際により間違えないようにすると効率的です。

法規

法規の勉強では「電気事業法」「電気工事法」などの法律知識を深めることがポイントです。

中でも「電気設備の技術基準の解釈について」「電気施設管理」などの分野を重点的に暗記するようおすすめします。

参考書と問題集をあわせて活用することで効率の良い暗記が可能です。出題傾向を把握しながら試験範囲の法律知識を深めてください。

また、法規は暗記のみで合格できません。
約40%は計算問題であるため、計算力も求められます。
ほかの科目についても同様ですが、4つの科目すべてで計算問題が関わってきます。

ただし、法規の計算問題は出題パターンが限られています。理論を中心に他の科目で出題される計算問題の知識と法律知識を用いて解く問題が多いため、過去問題を中心にした対策が有効です。

計算に関する応用力アップのためにも、インプットとアウトプットを繰り返し行ってください。
計算問題や正誤判断・穴埋問題を、バランスよく学習できるかどうかがポイントです。

おすすめの教材

電験三種の独学合格を目指す方におすすめの教材は、以下の2つです。

  • 完全マスター 電験三種受験テキストシリーズ
  • 2021年版 電験三種過去問詳解

完全マスター 電験三種受験テキストシリーズ

電験三種の独学におすすめの教材1冊目は「完全マスター電験三種受験テキストシリーズ」です。

この教材は初版が2008年発行で、2019年に改訂されています。
特徴は2014年以降の問題を新たに分析し、出題の傾向を取り込んでいる点です。
頻出事項をしっかりカバーしており、重要なポイントを効率良く学べます。

また節ごとに、学習内容をインプットできているか確認するための例題が収録されています。
考え方や公式の使い方が理解しやすく、評価も高い教材です。

最新情報を元に、簡単な演習も同節で学習できるため、インプットとアウトプットを含めた効率の良い学習を実現できます。

2022年版 電験三種過去問題集

電験三種の独学におすすめの教材2冊目は「2022年版 電験三種過去問題集」です。

このテキストでは、直近10年分の試験問題と解答が掲載されています。
過去問題の基本をわかりやすく解説しており、別解や問題を解くポイントの説明も充実しています。

先述のとおり、電験三種に合格するポイントの一つとして、応用力があります。
応用力は過去問題を多く解くことで身につくため、膨大な年数の過去問をまとめて演習できる点は非常に有用です。

要所ごとにポイントが良くまとめられており、復習もしやすいと言えます。
ほかの参考書である程度の基礎が固まった段階で、この教材を利用して早めに過去問題などの問題演習を行うと良いでしょう。

電験三種の独学時の勉強時間とスケジュール感

電験三種の勉強を独学で行う場合、基礎からのスタートだと合格に必要な勉強時間は1,000時間以上が目安とされています。

この時間を1年間365日で割ると、およそ1日あたり3時間の学習が必要です。1日3時間の学習は多忙な方には決して楽ではないため、計画性をもって取り組まなければなりません。

まとまった学習時間が取れない場合は、1年ではなく数年に分けて合格を目指す方法もあります。
電験三種には「科目合格制度」があり、合格した科目については翌年と翌々年度に申請することで免除できます。
つまり3年間かけてすべての科目の合格を目指せます。

例えば、1年目と2年目に500時間ずつ学習し、3年目は取りこぼした教科に集中する場合、1日あたりの勉強時間は1時間半程度です。
他には1・2年目に365時間ずつ勉強し、3年目に残りの270時間勉強するペースだと、1・2年目は毎日1時間・3年目は約40分で完了します。

あなたの生活サイクルを考慮して、学習期間をはじめに計画しておくことがポイントです。

電験三種の最短合格を目指すなら通信講座がおすすめ

電験三種の最短合格を目指す方には通信講座の受講がおすすめです。
おすすめの通信講座にCIC 電験三種の講座があります。

講座名 CIC電験三種
コース
  • 電験三種【全科目セット】
  • 電験三種【理論】
  • 電験三種【電力】
  • 電験三種【機械】
  • 電験三種【法規】
  •   
料金(税込) Webコース
  • 電験三種【全科目セット】97,000円
  • 電験三種【理論】29,000円
  • 電験三種【電力】28,000円
  • 電験三種【機械】28,000円
  • 電験三種【法規】25,000円
  •   
DVDコース
  • 電験三種【全科目セット】98,000円
  • 電験三種【理論】30,000円
  • 電験三種【電力】29,000円
  • 電験三種【機械】29,000円
  • 電験三種【法規】26,000円
  •   
  
使用教材 【全科目セット】の場合
  • CIC日本建設情報センター映像通信 / 通学受験対策スタートアップガイド
  • 完全マスター電験三種受験テキスト理論(改訂3版)
  • 完全マスター電験三種受験テキスト電力(改訂3版)
  • 完全マスター電験三種受験テキスト機械(改訂3版)
  • 完全マスター電験三種受験テキスト法規(改訂4版)
  • 電験三種過去問題集(2022年版)
  • 合格ガイドブック(非売品)
  • 電験三種(第三種電気主任技術者)理論 / 電力 / 機械 / 法規 映像教材(Web / DVD)
  
特徴
  • 合格対策のみに的を絞った効率的な独自プログラム
  • 科目ごとに分けて受講可能
  • テキスト以外にスマホまたはDVDでも受講可能
運営会社 株式会社日本建設情報センター
公式サイト

運営会社は電気関連を含む技術者・不動産系資格を中心に、国家試験対策サービスを提供する「株式会社日本建設情報センター」です。
各種国家試験の情報発信に取り組んでおり、電験三種のエキスパートでもあります。

以下では、CIC 電験三種講座の特徴について見ていきましょう。

過去問を中心にした効率的な独自プログラム

CIC 電験三種講座の特徴は「過去問を中心にした効率的な独自プログラム」です。

過去の出題傾向の分析に基づく最重要項目と、その問題解説を中心としています。
コンセプトは、全問正解することではなく合格対策のみに的を絞ることです。

電験三種の合格ラインはおおよそ60点であるため、裏を返せば30点ほど落としても合格の可能性があります。
力を入れるべき点に集中することで無駄のない学習が可能です。

なお、コースは「Webコース」と「DVDコース」から選べます。特にWebコースでは手持ちのスマホからログインすることで、場所を選ぶことなく隙間時間を活用して学習できます。

コンセプトと学習方法の両面から、時間的制約のある方でも計画的なプログラムで効率良く学習を進められます。

人気No1講師によるわかりやすい講義

CIC 電験三種講座の別の特徴は「人気No1講師によるわかりやすい講義」です。

実際の受講者の間でアンケートが行われ、選ばれた人気講師が講義を担当する仕組みを取っています。
そのため実績に基づいた、理解しやすい講義が受講できます。

また、映像通信講座用に専用のスタジオで収録されている本格派授業で、内容のクオリティーも高いです。映像はパソコンやスマホ・DVDで視聴できます。

「難しい」と感じる所をわかりやすく解説してくれるため、学習モチベーションの維持につながりやすいでしょう。

苦手な科目のみの受講も可能

CIC 電験三種の講座の特徴には「苦手な科目のみの受講も可能であること」も挙げられます。

受講したい科目のみ学習できるように、試験科目ごとに4つの講座に分かれています。映像通信講座には「全科目セット」のほかに、科目別のコースも用意されています。

そのため「得意な科目は独学で対処し、苦手な科目のみ講座でサポートしてもらう」という方法も選択可能です。

最初は独学でチャレンジして、科目別合格制度で取りこぼした科目のみの受講で追い込みをかけるのも有効でしょう。

これらの点から「苦手な科目のみの受講することでコストも抑えたい方」や「どうしても理解できない箇所の指導のみ受けたい方」におすすめです。

電験三種を独学するときのよくある質問

文系でも独学合格を目指せる?

電験三種の試験は、文系でも独学合格を目指せます。
ただし、合格のハードルは高めです。

計算問題が多く出題されるため、数学や物理が苦手もしくは避けてきた文系の方は学習自体が苦になる可能性があります。
理系の試験問題に慣れていないことや、現象のイメージが苦手であることも学習の妨げになりえます。

また、完全初学者で独学合格を目指すには「科目合格制度」を活用するなど、長期戦になる覚悟が必要でしょう。
「独学が難しいかも」と不安を感じる場合は、通信講座を活用するほうが賢明です。

独学のメリットとデメリットは?

独学のメリットは、費用を抑えて学習できることです。
通信講座の受講は数万円するため、お金の心配がある場合には独学で進めることで最小限の費用で済みます。

また、マイペースに学習を進められるのも良い点です。
合格科目に免除制度があるため、急ぎでない場合は自分なりのスケジュールで臨めます。
他には自身に合った教材選びができるため、感覚的にわかりやすいと感じるテキストや過去問題集を見つけることも可能です。

一方デメリットとしては、モチベーションの維持が難しい点です。
自宅で集中して長期学習するのは、簡単ではありません。勉強自体が苦手な方や計算が好きではない方はなおさらです。

また、どうしてもわからない箇所が出てきても、丁寧に解説してくれる相手が見つからず困ることもあるでしょう。あるいは最新の出題傾向が掴みづらく、学習が非効率的になる場合もあります。

電験三種に限った話ではありませんが、弱点や苦手分野などの自己分析が難しいのも問題です。

独学にはメリットのみでなくデメリットもあるため、上記の点が不安な場合は通信講座の活用をおすすめします。

まとめ

本記事では電験三種試験の学習を独学で行う方法について解説しました。ポイントは、以下のとおりです。

  • 電験三種の試験対策は独学でも可能だが、ハードルは高い
  • 学習の順番の工夫やインプットとアウトプットを平行して行うことがポイント
  • 通信講座を受講することが、モチベーション維持や効率性においておすすめ
  • 短期合格を目指したい方は「CIC日本建設情報センター」の利用がおすすめ

電験三種の独学合格は簡単ではないものの、本記事で紹介したポイントを地道に当てはまることで合格率を上げられます。

長期戦で望むか短期戦で臨むか、あるいは苦手科目と得意科目に明確な差があるかにもよりますが、通信講座を活用して効果的に学習することも視野に入れると良いでしょう。

CIC日本建設情報センターの電験三種(第三種電気主任技術者)受験対策講座について詳しく知りたい方はこちら CIC日本建設情報センターの電験三種(第三種電気主任技術者)受験対策講座に関する資料の請求はこちら