フルハーネス型墜落制止用器具特別教育の受講をアシスト

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育

フルハーネス型墜落制止用器具特別教育について解説します。

1.「フルハーネス型墜落制止用器具」特別教育の義務化

2019年2月1日施行の労働安全衛生規則の改正により、墜落の危険性がある作業のうち、特に危険性の高い業務を行う労働者は、特別教育を受講することが義務付けられています。 特に危険性の高い業務とは、「高さが2m以上の作業床(一般的には足場の作業床、機械の点検台等)、手すりや囲い等を設けることが困難な場所でフルハーネス型安全帯を使用して行う作業(ロープ高所を除く)などの業務」を指します。

墜落制止用器具は「フルハーネス型」の使用が原則

墜落制止用器具の使用はフルハーネス型を採用することが原則ですが、フルハーネス型を着用する者が墜落時に地面に到達するおそれがある場合(高さ6.75m以下)は、「胴ベルト型(一本つり)」を使用することができます。

各種お問合せ

資料請求・講座申込み・ご質問などはフォームまたはお電話でお問合せください

TEL:0120-129-209

資格講座一覧

施工管理技士

安全衛生教育

職長・安全衛生責任者教育』通学講座の募集を開始いたしました。

設備関連資格

建設・職場衛生関連資格

PAGETOP