2級電気工事施工・試験問題と総評

令和元年度2級電気工事施工(後期:学科・実地)試験問題と総評

令和元年度2級電気工事施工管理技士、学科試験問題及び正答肢・配点と実地試験問題につきましては、下記リンクよりご確認ください。

総評

学科試験の傾向

本年度の試験も出題形式は例年と変わらず、64問中40問解答する形式でした(四肢択一のマークシート方式)。
 全体的な難易度は例年より標準かやや難しいという印象ですが、選択問題などで、確実に解答できる問題を取捨選択していれば合格基準に到達することができた内容でした。電気工学の計算問題や式を求める問題に関しては難しく感じた受験生が多かったのではないでしょうか。また、近年出題のなかった問題や新傾向の問題も見受けられましたが、CICの学習教材でしっかりと学習し、過去問演習に繰り返し取り組んだ受験生であれば、十分対応ができた内容でした。過去問演習等の日々の学習を積み重ね、どれだけ正答を導き出すことができたかが、合格点に達するポイントとなったでしょう。

横にスワイプで左右にスライドできます。

表全体を表示
分野 出題数 必要解答数 難易度
電気工学 12問 8問 やや難しい
電気設備 20問 11問 やや難しい
関連分野 6問 3問 標準
関連分野 1問 1問 やや難しい
施工管理法 13問 9問 標準
法規 12問 8問 標準かやや易しい

実地試験の傾向

出題区分は、昨年と同様、施工経験記述1問、施工全般3問、法規1問からの出題でした。

問題1

経験記述の出題内容は、平成29年に出題された工程管理と同内容でしたので、過去問でひと通りの経験記述対策を行っていれば解答できたはずです。

問題2

電気工事に関する語句の中から2つ選び、施工上留意すべき内容を2つ記述する問題及び図に示された機器の名称又は略称を解答し、その機能を記述する問題でした。用語説明は過去に出題された語句が見受けられたため、過去問をしっかり学習していれば、高得点も可能な内容でした。機器の名称と機能の記述についても同様の問題が過去に出題されていましたので、過去問をしっかりと学習していた受講生にとっては易しく感じる問題だったはずです。

問題3

ネットワーク工程表の問題はどうしても解答に時間がかかるため、どれだけ解答に時間を割けたかがポイントになったと思います。

問題4

電気工事に関する用語の中から3つを選び、番号と用語を記入し、技術的な内容を、それぞれについて2つ具体的に記述する問題でした。過去5年の間に出題されたことのある用語が見受けられ、それ以外の用語についても学科で学習する用語があったため、得点源にできた問題だったと思います。

問題5

法規の問題については、記述内の下線部の語句うち誤っている語句の番号をそれぞれ1つあげ、それに対する正しい語句を答える問題でした。例年通り「建設業法」、「労働安全衛生法」、「電気工事士法」からの出題でした。

試験全体の出題傾向は例年通りであり、難易度としては標準的だった印象です。特に問題4、問題5の問題については、学習を怠らなかった受験生は高得点が取れた内容であったと思われます。今回の試験は過去問を繰返し解き、日々記述の練習をしていたかどうかが合否を分けたポイントとなったでしょう。地道に受験対策を続けてきた受講生の努力が報われるような試験でした。

横にスワイプで左右にスライドできます。

表全体を表示
問題番号 出題区分 備考
問題1 施工経験記述 安全管理 必須問題
問題2 施工全般 語句の説明、機器の名称・機能
問題3 施工全般 ネットワーク工程表
問題4 施工全般 用語の説明
問題5 法規 建設業法・労働安全衛生法、電気工事士法

CICの受験対策講座が選ばれる理由

1.講師

1万人の受講生が選んだプロの講師

講師は、建設業の第一線で活躍された豊富な実務経験・指導経験を有するベテラン揃い。
当センターでは、講習会時に受講者アンケートを実施し、その結果を、"CIC講師選定システム"に基づき、毎回数値化。つまり、受講生から選ばれ、明確に合格基準に達している厳選された"プロの講師"のみが、講習会の教壇に立っています。
選りすぐりの講師陣による深い専門知識と合格指導スキルで、安心して講義に集中いただけます。

講師

2.教材

得点に直結する実戦的な教材資料

試験問題の傾向は、新技術、法改正により毎年変わります。だから、毎年改定は当然のこと。当センターでは、いま重要な最新情報から過去問題までをすべてデータベース化した上で「どのような形式で試験問題に反映されるのか」を徹底分析して、今年勝つ"実戦的な教材資料"を提供しています。
教材の良し悪しは合否を分けます。当センターが提供する教材資料は、"今年、施工管理技士試験に勝つ"ことだけに徹底的にこだわっています。

教材

3.カリキュラム

無駄を排除した
短期集中型教育プログラム

すべての講座は、ハードな仕事との両立に挑む受講生に配慮して、効率的な短期集中講座プログラムにより組み立てられています。
"CIC講師選定システム"による厳格な基準をクリアした講師が、今年出題が予想される重要ポイントと過去の出題分析に基づく最重要項目を余すところなく、しっかり講義。合格へと力強く導きます。

カリキュラム

4.サポート

合格までを完全フォロー"受講生サポート"

当センターでは、毎年、施工管理技士合格をめざす1万人もの受講生の合格指導を実施させていただいております。だからこそ、受講生と密接に関わりサポートする体制を常に万全に整えています。受講生が合格までの道のりで不安や疑問点が出たときは、電話やメールでの質問に対して教務スタッフを中心としたスタッフ全員が"全力合格サポート"の精神で対応させていただきます。
今年度の合格が万が一叶えられなかった受講生に対しても、翌年の再受講割引など合格まで二人三脚でバックアップしていきます。"すべての受講生の合格"までを完全フォローするために、今後ともバックアップ体制を充実させていきます。

サポート

5.費用

適正な受講料

受講生の負担を少しでも軽くし、最後まで諦めることなく試験合格を達成してほしい。CICではその願いをもとに、受講料を設定しています。

費用

6.受講形態

自分に合わせ選べる"2つの受講パターン"

受講形態の選択は「学習環境の選択」。
適切な環境次第で学習効率は何倍にも高まります。

受講形態

受験生はそれぞれの理由で学習環境と時間が制限されます。例えば、学生の方であれば学校後の時間を十分利用できる。一方、社会人の方は仕事を終えた後の時間しか使えない、といった理由です。通学講座に通える方もいれば通えない方もいる。また、どうしても通学したいが土日しか通えない方など、その事情は一人一人様々です。
CICは一人でも多くの受験生が受講しやすいよう、通学と通信の受講形態をご用意しています。上手に受講形態を選択すれば、環境や時間のハンデを克服するだけでなく、味方につけることさえ可能です。お一人お一人のご都合や性格に合わせて、無理なく集中・継続できる学習方法をお選びください。

  • 通学

    会場で受講するスタイルです。集中して一気に学習したい方にオススメです。
    周りに受講生がいるので適度な緊張感が保て自然に勉強の体勢を確保できます。

  • 通信

    忙しくても通信講座ならできる!
    限られた時間を有効に活用し自分のスケジュールに合わせて受験対策ができます。
    自宅や外出先でCICの講義が受講できるスタイルです。自分のペースで学習したい方にオススメです。

令和2年度受講お申込み受付開始!