社員紹介

教務職

未経験の業種に飛び込んでみて、 日々新たな発見が増えています。

教務課
2020年入社

入社した理由・決め手は?

前職では中学生向けテキストと模試の編集、前々職では小学生向けの映像編集等をしており、そのどちらの経験も活かせると思い入社しました。
業務内容は前職と似ていますが、業種は未経験であるというところと、映像編集にブランクがある状態だったので正直不安もありました。
しかし、面接時に相談したところ、同じような状況で入社した人も活躍しているから心配しなくて大丈夫、と背中を押していただき入社への踏ん切りがつきました。

仕事内容とやりがいについて教えて?

講座で受講生が使用するテキストと映像の教材編集を主に行っています。
特定の科目のテキスト編集から講義映像撮影、映像編集までをすべて一貫して行うこともあります。
編集している教材の内容に関して自分の理解や知識が及ばないときには、監修をしてくださる講師の方に質問してお力添えいただくこともあります。
そういったときは専門性の高い内容なので教材制作の難しさを感じます。ですが、今まで知らなった新たな知識が増えていくことは楽しいです。

会社や課の雰囲気は?

割合的には女性の方が多い職場です。
社内も明るい雰囲気なので落ち着いて仕事ができると思います。逆に静かでないと集中できないという方には少しにぎやかに感じてしまうかもしれません。
教務は一課と二課に分かれていますが、ワンフロアなのでわからないことがあれば気軽に質問ができますし、皆さん嫌な顔をせずに親切にご教授してくださいます。

今後の目標は?

視野を広く持つことです。
当然ですが書籍やDVDは一度発行してしまうと修正ができないものなので、小さな誤りでもお客様からの信用を失ってしまうこともあります。
入社して一年目は業務に慣れることで精いっぱいでしたが、二年目からは、各業務に対しての進め方を掴んだので、視野を広く持ち、なるべくミスのないように業務をしたいと思っています。
また、業種未経験という点をむしろ活かして、受講者の立場に立ち、わかりやすい教材が作れるのではないかとも模索しています。

求職者の方に一言

この業務に必要なことは、高度な編集技術等というよりは、長時間の編集と確認作業でも耐えることができる根気だと思います。
映像の仕事がしたいけど編集ソフトが使いこなせるわけでもない、教材制作の仕事がしたいけど未経験業種は敷居が高い…等々二の足を踏んでいる方も、話だけでも聞いてみるか、という気軽さで応募してはいかがでしょうか。