電気通信工事施工管理技士 1級・2級 資格試験ガイド

電気通信工事施工管理技士最新情報

電気通信工事施工管理技士とは

電気通信工事施工管理技士とは
施工管理技士 技術検定制度は、建設業法第27条第1項に基づき、国土交通大臣指定機関が実施する国家試験です。
平成31年度より、新たに1・2級電気通信工事施工管理技士試験の実施が国土交通省より発表されました。
検定に合格した者は所定の手続きによって国土交通大臣から技術検定合格証明書が交付され、「1級・2級 電気通信工事施工管理技士」の称号が付与されます。
この技術検定合格者には建設業法で定められた専任技術者(建設業許可)主任技術者・監理技術者(現場常駐)としての資格が付与されます。

試験・講習会スケジュール

現在このページは準備中です。決定次第、更新いたします。

受験資格

1級電気通信工事施工管理技士・受験資格

1級学科試験(下記表のいずれかに該当する方)

表中の年数には、指導監督的実務経験(現場代理人、主任技術者、施工監督、工事主任、設計監理者の立場で、部下・下請けに対して工事技術面を総合的に指導・監督した経験)年数1年以上を含むことが必要です。
実務経験年数は、平成31年学科試験前日までで計算してください。

区分学歴または資格実務経験年数
指定学科指定学科以外
(1) 大学
専門学校「高度専門士」※1
卒業後3年以上 卒業後4年6ヶ月以上
短期大学
5年制高等専門学校
専門学校「専門士」※1
卒業後5年以上 卒業後7年6ヶ月以上

高等学校
専門学校「専門課程」(「高度専門士」「専門士」を除く)※2

卒業後10年以上(注1)(注2) 卒業後11年6ヶ月以上(注2)
その他 15年以上(注2)

<表中の注釈について>

  • ※1)「高度専門士」及び「専門士」とは:専門学校専門課程で所定の要件を満たし、文部科学大臣が認めるものを終了した者は高度専門士又は専門士と称することができる
  • ※2)専門学校卒業者のうち、「高度専門士」又は「専門士」の称号を持たない者
  • 注1)主任技術者の要件を満たした後、専任の監理技術者の配置が必要な工事に配置され、監理技術者の指導を受けた2年以上の実務経験を有する方は、表中(注1)の記載がある実務経験年数に限り2年短縮が可能です
  • 注2)指導監督的実務経験として「専任の主任技術者」を1年以上経験した方は、表中(注2)の記載がある実務経験年数に限り2年短縮が可能です
〔電気通信工事施工管理〕に関する
実務経験年数とは
電気通信工事の施工に直接的に関わる技術上の全ての職務経験をいい、具体的には、下記(1)~(3)に関するものをいいます。
(1)受注者(請負人)として施工を管理(工程管理、品質管理、安全管理等を含む)した経験(施工図の作成や補助者としての経験も含む)
(2)設計者等による工事監理の経験(補助者としての経験も含む)
(3)発注者側における現場監督技術者等としての経験(補助者も含む)
なお研究所・学校・訓練所等における研究・教育および指導業務、設計業務、保守・点検業務等は認められません。
〔指定学科〕とは 国土交通省令で定めている学科等(建築学科・土木工学科・森林土木学科・鉱山土木学科・砂防学科・治山学科・農業土木学科・縁地学科・造園学科・都市工学科・衛生工学科・電気工学科・機械工学科)をいいます。
1級実地試験(下記に該当する方)

当年度学科試験合格者

2級電気通信工事施工管理技士・受験資格(予定)

2級学科・実地試験(下記表のいずれかに該当する方)
区分最終学歴または資格実務経験年数
指定学科卒業指定学科以外卒業
(1) 大学
専門学校の「高度専門士」
卒業後1年以上 卒業後1年6ヶ月以上
短期大学
5年制高等専門学校
専門学校の「専門士」
卒業後2年以上 卒業後3年以上
高等学校
専門学校の「専門課程」
卒業後3年以上 卒業後4年6ヶ月以上
その他(最終学歴を問わず) 8年以上

※1)「高度専門士」及び「専門士」とは:専門学校専門課程で所定の要件を満たし、文部科学大臣が認めるものを終了した者は高度専門士又は専門士と称することができる。
※2)専門学校卒業者のうち、「高度専門士」又は「専門士」の称号を持たない者。

※実務経験年数は、当年度試験前日までで計算してください。

電気通信工事施工管理技士 試験内容

現在、国土交通省より出題科目については下記のように公表されています

1級電気通信工事施工管理技士・試験の概要

試験区分試験科目試験基準
学科試験 電気通信工学等
  • 1.電気通信工事の施工に必要な電気通信工学、電気工学、土木工学、機械工学及び建築学に関する 一般的な知識を有すること
  • 2.有線電気通信設備、無線電気通信設備、ネットワーク設備、情報設備、放送機械設備等(以下「電気通信設備」という。)に関する一般的な知識を有すること
  • 3.設計図書に関する一般的な知識を有すること
施工管理法 電気通信工事の施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理方法に関する一般的な知識を有すること
法規 建設工事の施工に必要な法令に関する一般的な知識を有すること
実地試験 施工管理法 設計図書で要求される電気通信設備の性能を確保するために設計図書を正確に理解し、電気通信設備の施工図を適正に作成し、及び必要な機材の選定、配置等を適切に行うことができる高度の応用能力を有すること

2級電気通信工事施工管理技士・試験の概要

現在、国土交通省より公表されております2級電気通信工事施工管理技士の試験科目は以下のとおりです。

試験区分試験科目試験基準
学科試験 電気通信工学等
  • 1.電気通信工事の施工に必要な電気通信工学、電気工学、土木工学、機械工学及び建築学に関する概略の知識を有すること
  • 2.有線電気通信設備、無線電気通信設備、放送機械設備等(以下「電気通信設備」という。)に関する一般的な知識を有すること設備に関する概略の知識を有すること
  • 3.設計図書に関する正確に読み取るための知識を有すること
施工管理法 電気通信工事の施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理方法に関する概略の知識を有すること
法規 建設工事の施工に必要な法令に関する概略の知識を有すること
実地試験 施工管理法 設計図書で要求される電気通信設備の性能を確保するために設計図書を正確に理解し、電気通信設備の施工図を適正に作成し、及び必要な機材の選定、配置等を適切に行うことができる一応の応用能力を有すること

電気通信工事施工管理技士に求められる知識と能力

電気通信工事施工管理技士に求められる知識と能力の利用に当たっての留意事項

本資料で示す電気通信施工管理技士に求められる知識と能力の利用に当たっては、以下の事項に留意が必要です。

  1. 電気通信工事施工管理技士に求められる知識と能力に記載された事項、項目は、電気通信工事施工管理技士として実務に携わる場合に必要となる知識と能力の標準的なものを示す参考資料であり、必ずしも技術検定の試験問題の出題範囲と一対一で対応しているものではありません
  2. 電気通信工事施工管理技士に求められる知識と能力の内容は、電気通信技術や施工管理の技術動向を考慮していますが、主要なものを示したものであり、記載されていないものがあります

電気通信工事に求められる知識と能力(詳細)

知識に関する事項(区分:電気通信工学等)
大項目中項目小項目主要な内容(概要)
電気通信工学 電気理論 電気理論 電圧、電流、電気抵抗、静電容量の定義や法則、直流回路、交流回路等に関する論理的知識
電磁気学 電荷と電界、帯電体、誘電体、電磁コイル、電磁誘導、磁性体、電磁波等に関する論理的知識
通信工学 通信方式 通信方式、変調方式、デジタル通信技術、通信分野の標準化動向等に関する工学的知識
通信システム 有線通信の基礎技術や特徴、無線通信の周波数、基礎技術、特徴等に関する工学的知識
ネットワーク ネットワークトポロジー、プロトコル(OSI基本参照モデル、TCP/IP階層モデル)規格、インターネット等に関する工学的知識
情報工学 情報理論 情報の表現、モデル、符号化、文字コード等に関する基礎的、工学的知識
コンピュータ プログラミング、コンパイラ、OS等のソフトウェア及びプロセッサー、メモリ、周辺装置等のハードウェアに関する工学的知識
セキュリティ 暗号化、認証、不正アクセス、情報セキュリティマネジメント等に関する工学的知識
電子工学 デバイス・電子回路 電子デバイスの種類及び動作原理、集積回路等のデバイス及び論理回路、A/D変換、フィルタ等の電子回路、発振回路等に関する工学的知識
自動制御・計測 シーケンス、フィードバック、プロセス制御等の自動制御及びセンサ、計測技術に関する工学的知識
電気通信設備 有線電気通信設備 有線通信設備 電圧、電流、電気抵抗、静電容量の定義や法則、直流回路、交流回路等に関する論理的知識
通信ケーブル ケーブルの種類、材料・シース、接続、損失、ケーブル敷設・保護方法、計測方法等に関する設備工学及び施工技術に関する知識
通信セキュリティ 安全区画、入退室管理、通信路セキュリティ(盗聴対策)等に関する論理及び設備工学に関する知識
無線電気通信設備 移動電話システム 携帯電話システムのアクセス方式、変調方式、アンテナ、システム設備等の設備工学に関する知識
衛星通信設備 衛星通信設備の、回線設計、多元接続、設備構成(通信衛星、地球局)等の設備工学に関する知識
無線通信設備 無線LAN(通信規格、符号化、通信方式、セキュリティ)、多重無線、DSRC、その他の無線設備の設備工学に関する知識
ネットワーク設備 IPネットワーク設備 インターネット、プロトコル、アドレス、ルーティング、マルチキャスト、VoIP、パケット伝送、帯域制御等に関する論理及び関連設備に関する知識
ネットワークセキュリティ IPネットワークのセキュリティ、ゲートウェイ技術、暗号化、認証技術に関する論理及び関連設備に関する知識
情報設備 コンピュータ設備 コンピュータ設備の構成(CPU・メモリ)クラウド、仮想化技術、周辺装置、RAID、インターフェース等の設備工学に関する知識
情報システム データ交換設備、プラント・ダム等操作制御システム等の設備工学に関する知識
システムセキュリティ ファイアウォール、アンチウイルス、セキュリティポリシー、制御等のシステムセキュリティ等に関する論理及び設備工学に関する知識
放送機械設備 放送設備 地上デジタル放送、BS/CSデジタル放送、CATV等に関する方式、技術、装置等の論理及び設備工学に関する知識
映像収集・情報設備 映像伝送関連設備、CCTVカメラ設備、液晶・EL、映像表示設備等の設備工学に関する知識
その他設備 データセンシングシステム IoT、センサネットワークの概要、ZigBEE、Bluetooth、LPWA等に関する論理、方式及び設備工学に関する基本的知識
気象観測等システム テレメータシステム、気象・水門計測センサ、気象レーダ・MPレーダシステム等に関する設備工学に関する基本的知識
その他設備 電話交換設備、情報提供システム(道路情報)、警報表示システム(放流警報)、測位システム等に関する論理及び設備工学に関する基本的知識
関連分野 電気設備関係 電源供給設備 受変電設備、非常用発電設備等の電源供給設備に関する設備工学及び施工技術に関する概略的知識
無停電電源・蓄電池設備 直流電源設備、CVCF(UPS)設備、蓄電池等の設備工学及び施工技術に関する概略的知識
照明・動力設備 照明設備の種類と機能、電動機等の動力設備、運転制御等の設備工学及び施工技術に関する概略的知識
雷保護設備等 雷保護システム、サージ保護デバイス(SPD)等の設備工学に関する知識及び接地等に関する概略的知識
機械設備関係 換気設備 電気通信設備室等における自然換気、機械換気設備、消火設備等の設備工学及び施工技術に関する概略的知識
空気調和設備 電気通信設備室等における空気調和設備、省エネルギー対策等の設備工学及び施工技術、運用に関する概略的知識
土木・建築関係 土木工事 土質調査、土工事(掘削、基礎、コンクリート工事)、測量等の
建築工事 建築物の形式(RC、S、SRC)、基礎、耐震、建築施工等の建築分野における施工技術等に関する概略的知識
通信土木工事 管路、マンホール・ハンドホール、電線共同溝、情報ボックス、ケーブル敷設等の設備及び掘削・土留め等の施工技術、維持管理に関する概略的知識
通信鉄塔及び反射板 通信鉄塔の形式、設計、耐震、防食、基礎等に関する知識及び施工技術に関する概略的知識
設計・契約関係 設計・契約 建設工事標準請負契約約款、契約約款の概要、契約書、現場代理人、設計変更等に関する知識
知識に関する事項(区分:施工管理法)
大項目中項目小項目主要な内容(概要)
施工管理法 施工管理全般 施工管理の概要 電気通信工事における施工管理の概要、手順、三大管理に関する知識
主な施工管理の内容 施工計画、施工管理、品質管理、原価管理、安全管理、環境保全管理、その他の管理の概要に関する知識
施工計画 施工計画の概要 施工計画の目的、施工の流れ、事前調査、基本計画及び工程計画の作成手順、仮設計画、原価管理計画等に関する知識
電気通信工事の品質管理計画 電気通信工事の出来形(測定・試験項目等)管理、写真管理、内部検査等に関する知識
安全・環境管理計画 安全管理計画の作成、安全管理体制、交通管理計画、環境保全計画、法令に基づく届け出書類の作成に関する基本的知識
その他 現場管理組織の編成、施工体制台帳等の整備、書類の整理及び施工中の情報セキュリティ管理に関する基本的知識
工程管理 工程管理の概要 工程管理の目的、工程管理の手順、工程計画の立案に関する知識
工程図表 工程図表の種類、タクト式工程表、ネットワーク式工程表、曲線式工程表、工程管理曲線等の工程図表に関する基本的知識
ネットワークの作成手順 ネットワーク作成に関する基本用語、クリティカルパス、ネットワークによる管理等に関する基本的知識
品質管理 品質管理の概要 品質管理の定義、品質管理に関するISOの規格体系等に関する知識
品質検査の方式 母集団とサンプリング、全数検査と抜取検査、データ整理法等に関する基本的知識
安全管理 労働災害 労働災害の定義と用語、労働災害防止に関する知識
労働災害防止対策 安全管理の要領、建設工事と公衆災害、高所作業、クレーン、危険作業等に関する知識
知識に関する事項(区分:法規)
大項目中項目小項目主要な内容(概要)
法規 建設業法 建設業法 基本的事項、建設業の許可、請負契約、元請負人の義務、施工体制台帳及び施工体系図の作成、主任技術者・監理技術者(監理技術者マニュアル等を含む)に関する知識
施工管理技術検定 施工管理技術検定の目的、指定試験機関、受検資格、施工技術検定規則等に関する概略的知識
労働基準法 労働基準法の概要 労働条件の原則、適用範囲、用語の定義、労働契約、労働条件、災害補償等に関する知識
労働契約 労働契約の締結、契約期間、労働条件の明示、賠償予定及び前借金相殺の禁止、解雇制限・予告手当等に関する基本的知識
労働安全衛生法 労働安全衛生法の概要 目的、定義、事業者等の責務、事業者に関する規定の適用等に関する知識
安全衛生管理体制 総括安全衛生管理者、安全管理者、衛生管理者、安全衛生推進者、産業医、作業主任者等に関する知識
危険防止するための措置等 事業者の講ずべき措置、元方事業者の講ずべき措置、特定元方事業者の講ずべき措置、作業、足場、照明等に関する規定の基本的知識
クレーン等安全規則等 総則、移動式クレーンによる危険の防止、玉掛けや酸素欠乏症など防止規則等に関する基本的知識
道路法・道路交通法 道路法・道路交通法の概要 道路の種類、道路の施設等に関する基本的知識
道路の占用 道路の占用、主な道路の占用物件、占用工事の実施方法、原状回復・道路の復旧、提出書類等に関する基本的知識
車輌通行の禁止・制限・許可等 車両通行の禁止又は制限、特殊車両通行の許可等に関する概略的知識
車輌制限例 一般的制限、トレーラー連結車の特例等に関する概略的知識
河川法 河川法の概要 河川の区分・河川管理者、河川工事・河川管理施設、河川区域、河川保全区域等に関する基本的知識
河川区域における行為の許可 土地の占用の許可、土石等の採取の許可、工作物の新築等の許可、土地の掘削等の許可等に関する概略的知識
河川保全区域における規制 河川保全区域における河川管理者の許可が必要な行為、許可を必要としない行為等に関する概略的知識
電気通信事業法 電気通信事業法の概要 目的、定義、用語、秘密の保護等に関する基本的知識
電気通信事業 利用の公平、電気通信役務の提供、重要通信の確保、事業の登録、事業用電気通信設備規則等に関する基本的知識
電気通信主任技術者 管理規程、電気通信主任技術者の選任、選任の届け出、選任、電気通信主任技術者等の義務等に関する概略的知識
有線電気通信法 有線電気通信法の概要 目的、定義、無線局の開設、免許の申請、予備免許、無線設備の型式、変更工事等に関する基本的知識
有線電気通信設備令 設備令の定義、電線の種類、線路の電圧、支持物、有線電気通信設備の保安等に関する概略的知識
電波法 電波法の概要 目的、定義、無線局の開設、免許の申請、予備免許、無線設備の型式、変更工事等に関する基本的知識
無線設備 電波の質、受信設備の条件、空中線電力、周波数、無線設備機器の検定等に関する基本的知識
無線従事者 無線設備の操作、無線従事者の資格、無線従事者の配置等に関する概略的知識
放送法 放送法の概要 目的、定義等の放送法の概要等に関する概略的知識
その他関連法規 電気事業法 電気事業法、電気用品安全法、電気工事士法、電気工事業の業務の適正化に関する法律、廃棄物の処理及び清掃に関する法律、資源の有効な利用の促進に関する法律、建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律、建築基準法、建築士法、消防法、環境基本法、大気汚染防止法、その他セキュリティ等関連法に関する主要な事項に関する基本的知識

スマートフォン表示はこちら

ページの先頭へ