衛生管理者1級・2級

CIC日本建設情報センター衛生管理者(第一種・二種)受験準備講習会

衛生管理者(第一種・第二種・特例第一種)映像通信講座・サンプル動画

講座案内(受講料には教材費を含みます)

受講受付中衛生管理者(第一種・第二種・特例第一種)映像通信講座(DVDコース)

受講コースDVD枚数収録時間受講料(税込)
第一種衛生管理者コース 5枚 全8時間41分 22,000円
第二種衛生管理者コース 3枚 全4時間39分 18,000円
特例第一種衛生管理者コース 2枚 全3時間12分 15,000円

講座受講お申込み

受講受付中衛生管理者(第一種・第二種・特例第一種)映像通信講座(Webコース)

受講コースデータ配信収録時間受講料(税込)
第一種衛生管理者コース PC・スマートフォンで
視聴
全8時間41分 21,000円
第二種衛生管理者コース 全4時間39分 17,000円
特例第一種衛生管理者コース 全3時間12分 14,000円

講座受講お申込み

教材について(費用は全て受講料に含まれます)

当講座で使用する教材

A:1回で受かる!出るとこだけ!!第1種・第2種衛生管理者テキスト

過去問分析によりピックアップした、頻出キーワードを軸に解説しているため、ポイントをつかみながら合格に必要な知識を効率よく身に付けられます。講義では本書に基づき解説を進めています。

B:スピード完成!第1種・第2種衛生管理者合格直結300問

頻出問題+最新の出題傾向を踏まえた予想問題を科目別にまとめた、出題パターンがつかめる問題集です。各章の始めに記載されているポイントチェックは、サブテキストとしてもご利用いただけます。

C:合格ガイドブック

講義を受講する前にお読みいただくガイダンス冊子です。試験について、教材の使い方、学習の進め方等の確認にお使いいただけます。

D:チャレンジ過去問

試験直前期や、ある程度学習が進んだ段階で取り組んでいただく出題順にまとめられた本試験形式の過去問題集です。

E:映像教材(DVD/Web)

テキストに基づき、出題される可能性の高い事項を中心に講義を行っています。また、各科目の講義の最後には、過去に出題された問題をとり上げ、その解き方や正解を導くためのポイントを解説しています。
受講形態DVDをお選びいただくと、お申込みいただいたコースに応じた枚数のDVD教材をお届けいたします。受講形態Webをお選びいただくと、「講義配信ページURL」「ID・パスワード」等の配信ページログイン情報を記載したカラーハガキをお届けいたします。なお、講義はDVDとWebともに同一です。

ここがポイント~問題集を使い分ける!!

試験科目の学習に取り組みやすいよう、日々の復習で使用するのは科目別にまとめられた「合格直結300問(上記教材B)」です。一方、試験の出題順にまとめられた「チャレンジ過去問(上記教材D)」は、理解・知識の定着度を図るバロメーターとして、試験直前期等に取り組んでもらいます。このふたつの問題集を併用することで、合格への道のりがグッと縮まります。

※DVDコースにお申込みの方はご入金の確認ができましたら、商品の準備ができ次第お送りいたします。

  • A.1回で受かる!出るとこだけ!!第1種・第2種衛生管理者テキスト
  • B.スピード完成!第1種・第2種衛生管理者合格直結300問
  • C.合格ガイドブック(非売品)
  • D.第1種衛生管理者チャレンジ過去問〔問題・解答解説冊子〕(非売品)
  • E.DVD5枚組

※Webコースにお申込みの方はご入金の確認ができましたら、商品の準備ができ次第お送りいたします。

  • A.1回で受かる!出るとこだけ!!第1種・第2種衛生管理者テキスト
  • B.スピード完成!第1種・第2種衛生管理者合格直結300問
  • C.合格ガイドブック(非売品)
  • D.第1種衛生管理者チャレンジ過去問〔問題・解答解説冊子〕(非売品)
  • E.配信ページログイン情報(閲覧用ID・パスワード)

※DVDコースにお申込みの方はご入金の確認ができましたら、商品の準備ができ次第お送りいたします。

  • A.1回で受かる!出るとこだけ!!第1種・第2種衛生管理者テキスト
  • B.スピード完成!第1種・第2種衛生管理者合格直結300問
  • C.合格ガイドブック(非売品)
  • D.第2種衛生管理者チャレンジ過去問〔問題・解答解説冊子〕(非売品)
  • E.DVD3枚組

※Webコースにお申込みの方はご入金の確認ができましたら、商品の準備ができ次第お送りいたします。

  • A.1回で受かる!出るとこだけ!!第1種・第2種衛生管理者テキスト
  • B.スピード完成!第1種・第2種衛生管理者合格直結300問
  • C.合格ガイドブック(非売品)
  • D.第2種衛生管理者チャレンジ過去問〔問題・解答解説冊子〕(非売品)
  • E.配信ページログイン情報(閲覧用ID・パスワード)

※DVDコースにお申込みの方はご入金の確認ができましたら、商品の準備ができ次第お送りいたします。
※特例第一種コースの教材は、第一種衛生管理者コースの教材を特例第一種コース用にまとめたものです。

  • A.1回で受かる!出るとこだけ!!第1種・第2種衛生管理者テキスト
  • B.スピード完成!第1種・第2種衛生管理者合格直結300問
  • C.合格ガイドブック(非売品)
  • D.第1種衛生管理者チャレンジ過去問〔問題・解答解説冊子〕(非売品)
  • E.DVD2枚組

※Webコースにお申込みの方はご入金の確認ができましたら、商品の準備ができ次第お送りいたします。
※特例第一種コースの教材は、第一種衛生管理者コースの教材を特例第一種コース用にまとめたものです。

  • A.1回で受かる!出るとこだけ!!第1種・第2種衛生管理者テキスト
  • B.スピード完成!第1種・第2種衛生管理者合格直結300問
  • C.合格ガイドブック(非売品)
  • D.第1種衛生管理者チャレンジ過去問〔問題・解答解説冊子〕(非売品)
  • E.配信ページログイン情報(閲覧用ID・パスワード)

受講料(上記使用教材及び税込み)

DVDWeb
第一種衛生管理者コース 22,000円 21,000円
第二種衛生管理者コース 18,000円 17,000円
特例第一種衛生管理者コース 15,000円 14,000円

※ 既に第二種衛生管理者免許をお持ちの方で第一種衛生管理者試験を受験する方は、特例第一種コースにお申し込み下さい。
※ 学習サポート期間(教材到着時より6ヶ月間)を経過しますと、教材の不良品交換対応、講義の配信等の各種サービスが終了いたしますので、予めご了承下さい。

講座受講お申込み

試験情報

試験日程について

衛生管理者試験は、労働安全衛生法に基づく免許試験で、(公財)安全衛生技術試験協会が実施するものです。例年、衛生管理者の試験は、全国7地区(北海道・東北・関東・中部・近畿・中国・九州)の安全衛生センターで月に1回以上行われています。また、遠方等の理由で、各地区のセンターで行われる試験に参加しにくい方を対象に設けられている出張特別試験が、年に数回実施されています。

受験資格

コード番号受験資格添付書類
1-1 学校教育法による大学(短期大学を含む。)又は高等専門学校【注1】を卒業した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・卒業証明書(原本)又は卒業証書(学位記)の写し【注7】
・事業者証明書
1-2 大学評価・学位授与機構により学士の学位を授与された者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・学士の学位授与証明書(原本)又は学位記の写し【注7】
・事業者証明書
1-3 省庁大学校【注2】を卒業(修了)した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・卒業証明書(原本)、卒業証書の写し【注7】 又は修了証明書(原本)(課程が限定される場合は当該課程を修めたことを特記したもの)
・単位修得証明書等(学位取得に必要な所定単位を修得したことを特記したもの。)(※1-4の場合のみ)
・事業者証明書
1-4 専修学校の専門課程(2年以上・1700時間以上)の修了者(大学入学の有資格者に限る。)などで、その後大学等において大学改革支援・学位授与機構により学士の学位を授与されるのに必要な所定の単位を修得した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
1-5 指定を受けた専修学校の専門課程(4年以上)を一定日以後に修了した者など(学校教育法施行規則第155条第1項該当者)で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
2 学校教育法による高等学校又は中等教育学校【注3】を卒業した者で、その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・卒業証明書(原本)又は卒業証書の写し【注7】
・事業者証明書
8 10年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・事業者証明書
3 船員法による衛生管理者適任証書の交付を受けた者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・衛生管理者適任証書の写し【注7】
・事業者証明書
4 高等学校卒業程度認定試験に合格した者、外国において学校教育における12年の課程を修了した者など学校教育法施行規則第150条に規定する者で、その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・合格証の写し等【注5】【注7】
・事業者証明書
5-1 専門課程又は特定専門課程の高度職業訓練のうち能開則別表第6により行われるもの【注4】を修了した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・職業訓練修了証(又は卒業証書)の写し又は卒業証明書(原本)(当該訓練を修了したことを特記したもの)【注7】
・事業者証明書
5-2 応用課程の高度職業訓練のうち能開則別表第7により行われるものを修了した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
6 普通課程の普通職業訓練のうち能開則別表第2により行われるもの【注4】を修了した者で、その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
7 旧専修訓練課程の普通職業訓練【注4】を修了した者で、その後4年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの
9-1 外国において、学校教育における14年以上の課程を修了した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・卒業証明書(原本)又は卒業証書の写し【注5】【注7】
・事業者証明書
9-2 特別支援学校(旧盲学校、聾(ろう)学校又は養護学校)の高等部を卒業した者など学校教育法第90条第1項の通常の課程による12年の学校教育を修了した者で、その後3年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・修了証明書(原本)、卒業証明書(原本)又は卒業証書の写し【注7】
・事業者証明書
9-3 朝鮮大学校(4年制学科)を140単位以上取得して卒業した者で、その後1年以上労働衛生の実務に従事した経験を有するもの ・卒業証明書(原本)又は卒業証書の写し【注7】
・取得単位の証明書
・事業者証明書

表中の注釈について

  • 【注1】大学、短期大学、高等専門学校には、専修学校・高等専門学校以外の各種専門学校・各種学校等は含まれません。
  • 【注2】「省庁大学校」には、防衛大学校、防衛医科大学校、水産大学校、海上保安大学校、職業能力開発総合大学校の長期課程・総合課程、気象大学校の大学部及び国立看護大学校の看護学部看護学科(それぞれ旧法令による同等のものを含む。)が該当します。
  • 【注3】中等教育学校とは中高一貫教育の学校のことで、中学校ではありません。
  • 【注4】改正前の法令により当該訓練と同等とみなされるものを含みます。
  • 【注5】外国語で書かれた卒業証書の写し、卒業証明書等を添付する場合は、その日本語訳も添付してください。
  • 【注6】提出された添付書類は、返却いたしません。
  • 【注7】添付書類の「写し」には「原本と相違ないことを証明する。」との事業者の原本証明が必要です。

出題内容

衛生管理者試験は、第一種・第二種・特例第一種衛生管理者ともに全問5肢択一式のマークシートによる試験です。

関係法令 労働衛生 労働生理
有害業務に係る問題 非有害業務に係る問題 有害業務に係る問題 非有害業務に係る問題
第一種衛生管理者 10問 7問 10問 7問 10問
第二種衛生管理者 10問 10問 10問
特例第一種衛生管理者※ 10問 10問

資格について

第一種及び第二種

常時50人以上の労働者を使用する事業場では、衛生管理者免許を有する者のうちから労働者数に応じ一定数以上の衛生管理者を選任し、安全衛生業務のうち、衛生に係わる技術的な事項を管理させることが必要です。
第一種衛生管理者免許を有する者は、すべての業種の事業場において衛生管理者となることができます。
第二種衛生管理者免許を有する者は、有害業務と関連の少ない情報通信業、金融・保険業、卸売・小売業など一定の業種の事業場においてのみ、衛生管理者となることができます。
主な職務は、労働者の健康障害を防止するための作業環境管理、作業管理及び健康管理、労働衛生教育の実施、健康の保持増進措置などです。

業種により異なる衛生管理者の種類

衛生管理者は、下表左の区分に応じ、下表右の資格・免許を持つ者から選任されます。表をみると、第一種衛生管理者はすべての業種の事業場において衛生管理者となることができますが、第二種衛生管理者は「農林畜水産業、鉱業、建設業、製造業(物の加工業を含む)、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、運送業、自動車整備業、機械修理業、医療業及び清掃業」以外の業種で衛生管理者となることができます。

業種の区分 資格・免許
農林畜水産業、鉱業、建設業、製造業(物の加工業を含む。)、電気業、ガス業、水道業、熱供給業、運送業、自動車整備業、機械修理業、医療業及び清掃業
  • 第一種衛生管理者免許
  • 衛生工学衛生管理者免許
  • 医師
  • 歯科医師
  • 労働衛生コンサルタント
  • 厚生労働大臣の定める者
上記以外の業種
  • 第一種衛生管理者免許
  • 第二種衛生管理者免許
  • 衛生工学衛生管理者免許
  • 医師
  • 歯科医師
  • 労働衛生コンサルタント
  • その他厚生労働大臣が定める者

合格率(全国平均)

科目ごと(第一種衛生管理者試験の科目のうち範囲が分かれているものについては範囲ごと)の得点が40%以上で、かつ、その合計が60%以上であれば合格となります。
合格率をみると、他の国家試験等に比べ難易度は高くないように見えますが、平成30年度では、第一種試験では35000人以上、第二種試験では15000人以上の受験生が不合格となっています。そのため、合格率ほど試験の難易度は低くないことがわかるでしょう。

※試験実施機関から公表された平成30年度全国受験者の平均合格率

試験の種類 受験者数(人) 合格者数(人) 合格率(%)
第一種衛生管理者 67,080 29,631 44.2
第二種衛生管理者 32,985 17,271 52.4

資格取得のメリット

第一種・第二種衛生管理者を取得するメリット

昇進・昇給が期待できる

常時50名以上の労働者がいる事業所には、衛生管理者の配置義務があり、労働人数によって配置が必要な人数が増えます。そのため、企業のニーズが高い資格です。取得すると資格手当を出す企業も多く、会社内でのキャリアアップとなり昇給・昇進が期待できるでしょう。

転職の際、大きな武器となる

衛生管理者は、有資格者の数が不足しておりどの企業も欲しがる人材です。どの業種でも必要な資格である上、一度取得すると他業種でも活かせるため転職活動の際、資格が有利に働きます。

社会的信頼が高く、再就職の際に便利

衛生管理者の資格は実務経験が必要となる上、職場環境を把握し改善する役割のため、有資格者は非常に高い信頼を受けます。そのため、定年退職後など再就職される際にも履歴書に書いてあると有利です。

スマートフォン表示はこちら

ページの先頭へ