CPDS認定講習

受注力アップ!総合評価方式対策セミナー

セミナー内容

公共工事の品質確保を目的とした品確法の施行(平成17年)をうけ、国や地方自治体の工事入札において、総合評価落札方式が拡大・定着しています。
総合評価方式では、入札金額だけではなく、技術力評価を加えて落札者を決めることになります。これは、入札金額と提案力の両方が重要と言うことです。
本セミナーでは、総合評価落札方式の正しい理解と最新動向を把握し、評価される視点を学び、具体的にどのように対応すれば、受注力アップにつながる技術提案ができるのか、実践的なノウハウをお伝えします。
そして、御社の生き残りの姿を考えてみましょう。

実施項目

  • なぜ受注できないのか、総合評価方式の実体を知る
  • 加算点への意識を変えれば、受注が生まれる
  • 工事成績が宝~評定点アップの要素を徹底的に洗い出す~
  • 自社のポテンシャルを掘り起こし、自社を有利に導く
  • 会社の現状を知ることにより、改善点を見つけ出す
  • 適正なコストダウンで収益力を上げる
  • 目に止まる技術提案書(施工計画書)を考える
  • 生き残りをかけて、他社との差別化を図る

CPDS 認定講習 建設業特化 実践セミナー開催インフォメーション

セミナー名 受注力アップ!総合評価方式対策セミナー
開催地会場・日程 東京会場:飯田橋レインボービル
東京都新宿区市谷船河原町11番地
会場詳細地図
日程:2011年6月17日(金)※受講申込終了
時間:10:00~17:00(開場9:30)
受講料 ¥16,000(消費税・セミナー資料代込)
対象者 総合評価方式(簡易型)のポイントを深く理解したい方、受注力アップを目指す建設会社の皆様
CPDS ユニット数 CPDS 6ユニット
CPDS 認定講習受付終了

※現在申込フォームは個人対応のみの受付となっております。
団体申込など(3名様以上の団体申込で割引制度あり)ご質問のある方は
セミナー受付事務局(TEL:0120-129-209)に問い合わせ下さい。

スマートフォン表示はこちら

ページの先頭へ