施工管理技士とは│

施工管理技士試験は、建設業法第27条に基づき国土交通大臣指定機関が実施する国家試験である。合格者には所定の手続きにより、国土交通大臣から技術検定合格証書が交付され、「施工管理技士」の称号が与えられる。

施工管理技士

施工管理技士とは、建設工事の実施に当たり、その施工計画及び施工図の作成並びに当該工事の施工管理(工程管理、品質管理、安全管理等)を適確に遂行する技術力の向上を図るため、国土交通大臣指定機関が実施する国家試験の合格者である。

技術者不足が叫ばれて久しい昨今、施工管理技士の需要はますます高まっており、有資格者に手当を支給する企業も多い。

施工管理技士になるには

施工管理技士の試験を受験するためには、必ず所定の実務経験年数が必要となる。
実務経験年数とは、実際に工事現場で工事を行った年数を言い、最終学歴や現場監督としての経験により必要な年数が異なる。(参考:下記リンク)

実務経験年数は必ずしも1つの会社に従事した年数でなくてもよく、複数の会社に従事した場合は通算で数えることができる。

施工管理技士の仕事

工事の技術的管理を行うのが施工管理技士で、具体的には要求されている品質レベルを確保するため「品質管理」を行い、労働災害を防止するために「安全管理」を実施し、予定の工期で完成できるよう「工程管理」を行う。
そして、施工計画作成から竣工引渡しまで、技術的責任者として工事現場を管理することが施工管理技士の業務である。

施工管理技士の活躍の場

建設工事の施工技術が高度化・多様化とともに活躍できる場は拡大の一途をたどっており、施工管理技士の需要は高まる一方である。

「専任の技術者」・「監理技術者」として認められる

「施工管理技士」は、一般建設業、特定建設業の許可基準の一つである営業所ごとに置く専任の技術者、建設工事の現場に置く主任技術者及び監理技術者の有資格者として認められる。
指定建設業に指定された特定建設業7業種(建築・土木・鋼構造物・舗装・管工事・電気工事・造園工事)の営業所の「専任の技術者」および現場に置く「監理技術者」は、原則として「1級施工管理技士」などの国家資格保持者に限られる。「1級施工管理技士」は該当の工事における、営業所の「専任の技術者」および現場に置く「監理技術者」として認められる。

公共工事を受注する際の技術力として評価

経営事項審査における技術力の評価において、計上する技術者数にカウントされるなど、施工技術の指導的技術者として社会的に高い評価を受けることになる。
経営事項審査制度により、資格者1人あたり5点が企業の得点として加えられ、地方公共団体等が発注する公共工事を受注する際の技術力として評価されるため、所属建設会社の評価向上に貢献することができる。(監理技術者資格者証を保有し、かつ監理技術者講習を受講した場合はさらに1点加点)
施工管理技士は、資格に応じ、その専門業種における監理技術者になることができる。このように、施工管理技士は、大きな資格取得のメリットを持つ、極めて重要な資格であり、建設工事における施工管理上の技術責任者として、高く位置づけられている。

施工管理技士試験制度の特色

資格取得のためには、どの種目においても一次試験といえる学科試験(四肢択一のマークシート方式)と、二次試験の実地試験(記述式)があり、両方に合格してはじめて施工管理技士を取得できる。
問われる能力が多岐に渡るからこそ、各試験の特性・傾向をしっかり押さえた上で、最適な対策を立てることが必要不可欠だ。

検定種目検定で問われる内容
土木施工管理 土木一式工事の実施に当たり、その施工計画の作成および当該工事の工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理を適確に行うために必要な技術。
建築施工管理 建築一式工事の実施に当たり、その施工計画および施工図の作成並びに当該工事の工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理を適確に行うために必要な技術。
電気工事施工管理 電気工事の実施に当たり、その施工計画及び施工図の作成並びに当該工事の工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理を適確に行うために必要な技術。
管工事施工管理 管工事の実施に当たり、その施工計画および施工図の作成並びに当該工事の工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理を適確に行うために必要な技術。
建設機械施工 建設工事の実施に当たり、建設機械を適格に操作するとともに、建設機械の運用を統一的かつ能率的に行うために必要な技術。
造園施工管理 造園工事の実施に当たり、その施工計画および施工図の作成並びに当該工事の工程管理、品質管理、安全管理等工事の施工の管理を適確に行うために必要な技術。

また、2級の技術検定のうち次の種目については、検定の対象となる技術が専門化していることや多岐にわたるため、それぞれ種別に分けて実施されます。

2級の種別について

検定種目検定技術
2級土木施工管理技術検定 土木 / 鋼構造物塗装 / 薬液注入
2級建築施工管理技術検定 建築 / 躯体 / 仕上げ
2級建設機械施工技術検定 「第一種」から「第六種」

技術検定は、このような建設工事に従事する技術者の施工技術の向上を図るために国土交通大臣が行うもので、必要とする一定の技術基準について検定し、合格者については称号を付与し、その技術力を社会的に認定することを目的とする制度です。

スマートフォン表示はこちら

ページの先頭へ