メッセージ × 代表│

"すべての受講生が合格するために"

これは、私たちが果たすべき受講生への約束です。

いま建設業界は政府が掲げる国土強靭化の推進として、老朽化したインフラの再整備と防災・減災対策、2020年の開催が決まった東京オリンピック、リニア新幹線の建設など、大型の建設投資が見込まれています。

しかし一方では、建設業の若手技術者の減少、監理技術者の高齢化などが深刻な課題となっており、企業は技術者の教育計画並びに資格取得計画を立て、とりわけ若手技術者を育成していくことが急務となっています。

そうしたなか私たちは、建設業において「施工管理技士資格試験」に特化し、受講生に対する最大のサービスである「合格」及び「資格取得」に応えるために、最高の技術者教育を提供していくことにこだわりを持っています。

年間受講者数が国内最大規模となり、近時は一般オープン講座のほか、自社内で独自に開催可能な企業研修を依頼する企業が急増しており、インターネットなどを介して全国からレスポンスをいただいております。

毎年1万人を超える受験生に利用いただいているオープン講習会と併せ、企業単位でのニーズに対応すべく依頼企業が求めている最適な「教育内容」を的確にヒアリングし、企業側の費用的・時間的負担に最大限配慮した独自の「オーダーメイドの企業内研修」を今後も意欲的に提案・開催していきます。

日本建設情報センター代表 井坂 誠司

スマートフォン表示はこちら

ページの先頭へ